人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月25日

苦しむシャイニングアークス東京ベイ浦安は、 夢の島でブラックラム東京を迎え撃つ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

シャイニングアークス東京ベイ浦安 vs. ブラックラムズ東京

リーグワン2022は、3月27日、第11節の全6試合が行われる。他カンファレンスと戦う交流戦はこれが最後。12節からはカンファレンス内の二巡目の戦いが始まる。シャイニングアークス東京ベイ浦安(SA浦安)は、2勝8敗の勝ち点8で最下位。前節は首位の東京サンゴリアス(東京SG)に29-69と敗れた。しかし、FBイズラエル・フォラウが2トライをあげるなど、東京SGを苦しめる場面も作った。今節はホストゲームとして夢の島競技場(東京都江東区)で、ブラックラムズ東京(BR東京)を迎え撃つ。

BR東京は現在3勝7敗(勝ち点16)で8位。前節は埼玉ワイルドナイツに12-29で敗れたものの、CTB濱野大輔のトライなどで、後半32分まで10点差に食らいついた。一つでも順位を上げてファンを喜ばせたい。この両チームは、2020年2月以来の対戦で、そのときは、33-17でSA浦安が勝利している。ここ数年、SA浦安が勝ち越しているが、現在のSA浦安はリーグ戦で3連敗中。果たして現在の力関係はどうだろう。

数字で比較すると、トライ数は、BR東京の28に対して、SA浦安は16。ディフェンスをきれいに破るクリーンブレイクは44対23。タックルされながらも抜け出すディフェンス突破は173対138。ボールを持って前進した距離は、BR東京が5,520mで全体の6位、SA浦安は、3,882mで全体の11位といずれもBR東京が上回っている。個人記録では、BR東京SOアイザック・ルーカスは、ボールキャリーの距離が今季のディビジョン1で最長の679m。ディフェンス突破数も最多の53を記録。一気に抜け出す瞬時の加速は、SA浦安のディフェンスの脅威となる。

シャイニングアークス東京ベイ浦安スターティングメンバー

3月25日に発表されたメンバーを見ると、SA浦安は前節から先発で5名の変更がある。3番のPRは三宮塁から竹内柊平へ、LOカラム・マクドナルド→サム・ジェフリーズ、FL松本健留→金正奎、NO8マッケンジー・アレキサンダー→リアム・ギル、CTBヘンリー ブラッキン→トゥクフカ トネがそれぞれ代わって出場する。世界トップレベルのボールハンターであるリアム・ギルは第2節以来の復帰で、ボール争奪戦でBR東京に圧力をかけるだろう。クラブキャプテンである金正奎の先発復帰もチームに活力を与えそうだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ