人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月10日

首位決戦は金曜日。東京サンゴリアスvs.クボタスピアーズ船橋・東京ベイ。ジャパンラグビー リーグワン第9節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

首位攻防戦

ジャパンラグビー リーグワン」ディビジョン1はリーグ戦折り返しを迎えて、第9節は引き続き交流戦が行われる。3月11日(金)には、東京サントリーサンゴリアスクボタスピアーズ船橋・東京ベイ首位決戦が行われる。

ホストの東京サンゴリアスは、開幕から6連勝で首位に立っていたが、第7節で埼玉パナソニックワイルドナイツに17-34と敗戦し、2位に後退。しかし、前節のコベルコ神戸スティーラーズ戦では、持ち前の攻撃力を披露し、8トライを挙げ56-17と快勝。勝ち点33で2位につけている。

ミルトン・ヘイグHC(ヘッドコーチ)は前節後、「いくつか課題を見つけました。特にキャッチパス、ブレイクダウン。次の試合までに修正しなければいけません」としながらも、「結果には非常に満足している」と話したこともあり、先発はSH(スクラムハーフ)の変更1名にとどまった。

東京サントリーサンゴリアス

FW(フォワード)第1列はPR(プロップ)石原慎太郎と垣永真之介、日本代表HO(フッカー)堀越康介の3人で構成。LO(ロック)には先週に引き続き、辻雄康と小林航の2人が務める。

FL(フランカー)は早稲田大学出身のルーキー下川甲嗣と、33歳のベテランの小澤直輝がコンビを組み、NO8(ナンバーエイト)には、オーストラリア代表のショーン・マクマーンが入った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

BK(バックス)を見ると、SH(スクラムハーフ)は流大が先発に復帰し、齋藤直人がリザーブに回った。SO(スタンドオフ)は引き続き、指揮官の信頼厚い田村煕が務める。CTB(センター)にはキャプテンの日本代表中村亮土と、ワラビーズでも活躍しているサム・ケレビの好調の2人がコンビを組んで、中盤に安定感をもたらす。

WTB(ウイング)は前節ハットトリックのテビタ・リー尾崎晟也、FB(フルバック)はやはりコベルコ神戸スティーラーズ戦でハットトリックを達成し、31得点を挙げてPOM(プレイヤー・オブ・ザ・マッチ)に選ばれたオールブラックスのダミアン・マッケンジーが務める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ