人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月24日

【ハイライト動画あり】「矛」「盾」対決は昨季王者に軍配!横浜キヤノンイーグルスに立ちはだかった埼玉ワイルドナイツの鉄壁

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン1

【第3節ハイライト】埼玉ワイルドナイツ vs. 横浜キヤノンイーグルス

するとその5分後の後半16分。

フォワード5人を入れ替えたスクラムから、ワイルドナイツのサインプレーが決まる。

敵陣左の自軍投入スクラムを「レディーゴー!」の掛け声で押し込み、オープン側の相手バックロー(7、8番)の出足を遅らせると、手薄になったスペースへWTBコロインベテが走り込んだ。

途中出場のボーシェー、そしてCTBパークスとつないで左中間に2トライ目。難易度の高いコンバージョンもSO松田が決めて、17-3とリードを広げた。

逆襲したいイーグルスだが、この日はFLコーバス・ファンダイクが前半早々(15分)、HO庭井祐輔が前半39分からHIA(脳震盪の疑い)で交代するなど不足の事態にも見舞われていた。

後半は勢いを取り戻せず、逆にワイルドナイツは1PGを加えていた後半35分、キックパスを受けたWTB竹山晃暉がタッチダウン。最後は途中出場のSH小山大輝が好タックル&ターンオーバーでボールを奪い、27-3でノーサイドを迎えた。

終わってみればイーグルスの得点は前半の1PGのみ。成功率64.3%(14回中9回成功)のラインアウトなどセットプレーの精度にも苦しんだ。

ワイルドナイツは本拠地初戦で、チームもファンも待望の初勝利。ノートライに押さえる快勝で1勝2敗とし、次戦の1月29日(土)、同じく1勝2敗のスティーラーズ戦で連勝を狙う。

今季初黒星を喫して2勝1敗となったイーグルスだが、昨季王者を相手に白熱した試合を展開した。3勝目をめざす第4節は1月30日(日)、神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場で、シャイニングアークス東京ベイ浦安を迎え撃つ。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ