人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月24日

【ハイライト動画あり】「矛」「盾」対決は昨季王者に軍配!横浜キヤノンイーグルスに立ちはだかった埼玉ワイルドナイツの鉄壁

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

しかしワイルドナイツはCTBハドレー・パークスがジャッカル成功。約2分20秒の長い攻防の末、前半14分、このペナルティでパナソニックがPG成功。同点(3-3)とした。

この日イーグルスは運動量をベースにラックを連取した。守備側のブレイクダウンでは、ゴール前で2度のトライセーブをされていたNO8アマナキがジャッカルを連発。ワイルドナイツのラック勝利は87.7%(イーグルスは93.9%)に落ち込んだ。

しかし先制トライはホストチーム、前半35分だった。

ワイルドナイツの2021年日本代表スコッド、FB野口竜司がスピードを活かして左隅で数的優位を作り出す。

ここからWTBコロインベテが左隅を突破し、タッチ寸前でピッチにリターンしたルーズボールを、ハードタックルで貢献したCTBディラン・ライリーが再獲得。そのまま独走し、この日両軍初トライを奪って10-3と勝ち越した。

前半終了間際、イーグルスはラックを連取して15フェーズの波状攻撃を仕掛けた。

しかしワイルドナイツは崩れない。CTBライリーのビッグタックルから攻守交代。蹴り返されたボールに反応して戻ったイーグルスCTB梶村祐介だが、WTBコロインベテなどワイルドナイツのチェイサーが迫っていた。

CTB梶村がやむなくボールを蹴り出して、3-10で前半が終了。体力勝負を得意とするイーグルスが根比べに負けた瞬間だった。

しかし2011年度まで下部リーグのトップ―ストAに所属し、これまでトップ4経験がないイーグルスが、2季目の沢木敬介監督の下で「強豪」に脱皮したことは疑う余地もないだろう。

王者との違いがあるとすれば、そのひとつは「選手層」と言えるかもしれない。

後半11分に投入されたワイルドナイツ5人のFWは、21年日本代表スコッド3人(PR坂手淳史、PR稲垣啓太、FL/NO8福井翔大)、スクラム猛者のPR平野翔平、そしてニュージーランド屈指のジャッカラーであるFLラクラン・ボーシェーだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ