人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月16日

【ハイライト動画あり】横浜キヤノンイーグルス、試合開始からフルスロットルでコベルコ神戸スティーラーズを圧倒。ジャパンラグビー リーグワン第2節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

横浜キヤノンイーグルスは初のホストゲームで勝利

先週開幕した「ジャパンラグビー リーグワン」。1月15日(土)にディビジョン1の第2節が行われ、2019年ワールドカップの決勝の舞台となった神奈川県の日産スタジアムで、ホストの横浜キヤノンイーグルスコベルコ神戸スティーラーズを迎えた。いわば「港町ダービー」である。

日産スタジアムにはキッチンカーが30台以上並び、来場者全員には赤い開幕記念Tシャツが配られた。そしてキックオフ前には関東学院中学・高校のマーチングバンドの演奏が行われた。

観客は1万人超え

1万1233人のファンが集う中、試合は14:30にキックオフされた。横浜キヤノンイーグルスは初のホストゲーム。「イーグルスの新しい歴史を作ろう」と気合いを入れて臨んだ。一方の開幕黒星スタートとなったコベルコ神戸スティーラーズはSO(スタンドオフ)に李承信を起用するなど、先発5人を入れ替えて挑んだ。

昨年度は10-73と大敗していた横浜キヤノンイーグルス。コベルコ神戸スティーラーズの強力FW(フォワード)に対して、「80分走り切る」というゲームプランで1週間準備してきた。そして、前半から後半のことを考えず、フルスロットル。沢木敬介監督は「(前半から)ぶっ飛ばしていこう」と指示を出した。

ホストゲーム初トライを挙げるWTB松井

横浜キヤノンイーグルスのフィフティーンは監督の言葉を実行し、試合開始早々から猛攻を仕掛ける。キックオフ直後の1分、相手のノックオンで得たゴール前のスクラムから、キャプテンSO田村優がグラバーキック。そのボールWTB(ウィング)松井千士が押さえて、5点を先制する。

さらに10分、自陣でNO8(ナンバーエイト)アマナキ・レレイ・マフィがジャッカルを決めてクイックリスタート。ボールを継続してSO田村が裏へとキックし、マフィがキャッチし、PR(プロップ)岡部崇人、SH(スクラムハーフ)荒井康植とつなぎ、荒井が押さえてトライ。

地元の桐蔭学園出身、FB小倉のトライ

直後の12分には自陣からアタックし、CTB(センター)南橋直哉が抜けだし、フォローしたCTB梶村祐介が45mを走り切ってトライ。さらに14分、FL(フランカー)コーバス・ファンダイクのキックをFB(フルバック)小倉順平がキャッチしてトライ。前半15分までに横浜キヤノンイーグルスが、26-0として試合の主導権を握った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ