人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月31日

シード13校とノーシード3校がベスト8を懸け激突。全国高校ラグビー大会、2022年元旦 3回戦のみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

元旦は3回戦の8試合が行われる

2022年1月1日(土・祝)の元日、「花園」こと、101回目の全国高校ラグビー大会は3回戦8試合が行われる。2回戦ではシード13校が勝利したため、Bシード(☆)同士のプライドを賭けた戦い、さらにノーシード校がAシード(★)3校にチャレンジする熱い試合が見られることは必至だ。

なお、3回戦までは無観客で行われる。有観客試合となる3日(月)の準々決勝のカードは、3回戦終了後、勝利チームの主将たちによる抽選で決定する。

◆第1グラウンド

・10:30 東海大大阪仰星(大阪第2★)vs. 報徳学園(兵庫)
・11:55 常翔学園(大阪第1☆)vs. 石見智翠館(島根☆)
・13:20 東福岡(福岡★)vs. 目黒学院(東京第2)
・14:45 國學院栃木(栃木☆)vs. 流通経大柏(千葉☆)

東海大大阪仰星、ノーラックラグビーを掲げる

第1グラウンドの第1試合は、Aシードの東海大大阪仰星にノーシードから勝ち上がった報徳学園が挑む。夏の7人制ラグビー全国大会で優勝した東海大大阪仰星、アタックは原点の「ノーラックラグビー」を掲げる。キャプテンNO8(ナンバーエイト)薄田周希(3年)を中心に予選から無失点の組織ディフェンスにも定評がある。

一方の報徳学園はセブンズユースアカデミー5人を擁する高速BK(バックス)が武器。2回戦で4トライを挙げたスピードスターWTB(ウィング)海老澤琥珀(2年)のランにも注目だ。

常翔学園のSO仲間

第2試合は常翔学園(大阪第1)と石見智翠館(島根)のBシード同士が激突する。地元・大阪の常翔学園はSO(スタンドオフ)仲間航太(3年)を中心にランとオフロードパスを駆使した攻撃的ラグビーが持ち味。この試合に勝つと節目の花園100勝となる。

石見智翠館は持ち味のディフェンスだけでなく、攻撃力を磨いてきた。しかも今季は、副将FB(フルバック)上ノ坊駿介(3年)ら中心としたBKにも大型選手が揃う、総合力の高いチームだ。過去4年、正月で敗退。今季こそ準々決勝に進めるか。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ