人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月26日

國學院久我山、全国屈指の重量級FWを擁し頂点を目指す。全国高校ラグビー大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

4年ぶり出場、國學院久我山

いよいよ12月27日(月)に「花園」こと、第101回全国高校ラグビー大会が開幕する。4年ぶりに出場を決めたのが花園優勝5回を誇る「東京の雄」國學院久我山(東京第一)である。

昨年度は東京都予選決勝で敗れて、記念大会のため開催されたオータムチャレンジ(都府県2位のトーナメント戦)に回ったが、そこでも東海大相模(神奈川)に17-19で敗れて、悔し涙を呑んだ。

だが、今季は春の東京都大会を制して勢いに乗ると、関東大会ではBブロックで優勝し、秋の花園予選では決勝で成蹊高校を107-0と圧倒、4大会ぶり42回目の全国大会への切符を手に入れた。スターティングメンバーは平均体重100kgを超える重量級FW(フォワード)が武器で、BK(バックス)にも速い選手が揃っており、Bシードに選出された。

中央が杉本安伊朗キャプテン

新チームとなり、先輩やコーチ陣に推される形でPR(プロップ)杉本安伊朗がキャプテンに選ばれ、バイスキャプテンにFB(フルバック)松井達希、さらにLO(ロック)荒川真斗、FL(フランカー)小澤一誠、SO(スタンドオフ)永山丞、CTB(センター)佐藤侃太朗、学生スタッフの下別府亙誠(いずれも3年)の7人でリーダーグループを形成している。

チームを引っ張るリーダーズグループ

8つ上の兄(悠太郎さん)も久我山でキャプテンを務めていたPR杉本主将は「今の3年生は2年間、花園に出られていない悔しい経験をしている。先輩、兄の分まで花園に出ることができ嬉しい。リーダーシップを取ってくれる選手も多く、助けてもらっていますが、練習を自分たちで決め、レベルアップするように積み重ねることができた」と胸を張った。

副将FB松井も「昨年の悔しい経験をバネに、何が足らなかったが考えた。(昨年は)先生主体のチームだったので、自分たちで練習プランを考えて、ゲームも作りも積極的にやってきました。最初にディフェンスから着手して、上位校のビデオを参考に試行錯誤して練習してきました」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ