人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月20日

【ハイライト動画あり】日本大学、勝負どころで地力発揮し日本体育大学のチャレンジを退ける。全国大学ラグビー選手権

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

水間夢翔(日本大学)

負けたら終わりの緊張感こそはノックアウトステージの醍醐味だ。あとのない戦いに臨む覚悟が、これまでは眠っていた奥底の力を引き出す。12月18日の秩父宮ラグビー場での大学選手権4回戦、日本大学日本体育大学も、そうした一発勝負の魅力にあふれる熱闘となった。

先に流れをつかんだのは日本大学だった。開始4分、ターンオーバーされた直後に再びボールを取り返して攻めに転じ、フィニッシャーのWTB水間夢翔がライン際を走り抜けてこの試合最初のトライを挙げる。10分にはラインアウト起点のBK展開でCTBフレイザー・クワークが鮮やかにラインブレイクし、サポートしたNO8シオネ・ハラシリがインゴールへ。SH前川李蘭のゴールも決まり、12-0と先行した。

フレイザー・クワーク(日本大学)

しかし日本体育大学もここでズルズルと引き下がらなかった。直後にスクラムを押し込んでペナルティを獲得すると、タッチキックでゴール前まで前進。FWで近場を攻め、ラックからブラインドサイドに折り返してLO伊藤拓哉が左スミに飛び込む。

続く17分にはスクラムから左→左と順目に攻め、大外のWTBクリスチャン・ラウイが軽やかなフットワークでタックラーをかわして独走。さらに20分にもターンオーバーから防御裏へのキックを追ったWTBラウイがバウンドボールをうまく拾って連続トライを挙げ、17-12と逆転した。

序盤の優勢から一転、相手の勢いに食い込まれるシーンが続いた日本大学だったが、27分に敵陣ゴール前でペナルティを得ると、タッチに蹴り出してラインアウトを選択。ガッチリとモールを組んでドライブし、HO井上風雅が右中間に押さえる。その後はお互いに粘り強い防御で追加点を許さず、17-17で前半を折り返した。

スコア通りの拮抗した展開が崩れたのは、後半7分だった。敵陣でのペナルティからラインアウトモールでゴールラインに迫ると、最後はHO井上がブラインドサイドを抜け出して仕留める。3分後にもゴール前ラインアウトから同じパターンで井上がフィニッシュ。リーグ戦でも大きな得点源となった得意の形で、一気に相手を引き離しにかかる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ