人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月12日

東京第一地区決勝は戦力充実の久我山に成蹊が挑む。目黒学院と東京が激突する第二地区は熱戦必至。高校ラグビー全国大会予選

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

花園ラグビー場

11月は高校ラグビーの季節だ。12月27日に開幕するクライマックスの全国高校大会、通称“花園”への出場権をかけた都道府県予選が各地で行われ、週末ごとに続々と代表校が名乗りを上げる。聖地行きの切符を巡るのるかそるかの決戦は、本大会とはまた違った独特の緊張感と熱を帯びる。

11月14日に行われる東京都予選決勝では、まず第一地区の國學院久我山-成蹊戦が11時30分にキックオフを迎える。

過去41回の花園出場で5回の優勝を数える国内屈指の名門・國學院久我山は、過去3年都予選敗退と苦しいシーズンが続いたが、今季は5月の都春季大会を圧勝し、6月の関東大会も無失点でBブロックを制するなど、充実ぶりが目を引く。夏合宿では國學院栃木や大阪朝高、御所実といった全国区の強豪を大差で破り、逸材ひしめく報徳学園、春の選抜大会8強の石見智翠館とも接戦を展開。花園予選も大東大一、都国立、東京朝高と難敵を危なげなく退け、満を持して4年ぶりの出場権獲得に臨む。

対する成蹊は、春の都大会は3回戦で東京に0-76の完敗を喫したものの、秋の花園予選ではたくましく成長した姿を披露して勝ち進んだ。初戦で合同Bを47-17、準々決勝で都青山を41-0と撃破すると、「この試合で自分たちの真価が問われると話していた」と土屋嘉彦監督が語る明大中野との準決勝では、鍛え抜いた組織ディフェンスで相手のパワフルな攻撃に徹底抗戦。数少ないチャンスをものにして2トライを奪い、体を張ったディフェンスで明大中野の猛攻を1トライに封じ切って、12-7の劇的な勝利を手にした。都予選決勝進出は、花園出場を果たした2005年以来、16年ぶりの快挙だ。

ここまでの足跡をたどれば、戦力充実の國學院久我山の優位は動かないだろう。自慢のFW陣は全国トップクラスのサイズと推進力を誇り、BKにもスキルとスピードを兼ね備えたランナーが並ぶ。選手層も厚く、激しいレギュラー争いがチーム内を活性化し、全体の力が底上げされるという好循環が生まれている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ