人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月5日

コベルコ神戸スティーラーズ、出航!新体制&リブランディング発表会見。ラグビー新リーグ「リーグワン」

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

橋本皓バイスキャプテンは「バイスキャプテンとしての責任をしっかり果たしていきたい。自分は(上下どちらの世代とも)気兼ねなく話せるのでバランスを取っていきたい。個人としてもパフォーマンスを上げていく」と語気を強めた。

2年目の李バイスキャプテンは、「20歳でこういう経験をできるのは今後のキャリアで成長できる。しっかり成長し続ける年にしていきたい。そのために日々の努力をして試合に出続けて、バイスとしてチームを助けられるようにしたい」と意気込んだ。

新ユニフォーム、六甲山の稜線と加古川製鉄所

続いて新ジャージーとマスコットもお披露目された。新ジャージーは「自分たちが背負っていくものがプリントされている」と橋本キャプテンが言うように、神戸製鋼所のシンボルである加古川製鉄所の高炉のデザインに加え、これまで以上に地域との繋がりを持って戦うべく、港町神戸をイメージさせる「錨」と、神戸の象徴である「六甲山」の稜線がデザインに採用された。

左胸には新エンブレム、右袖には阪神・淡路大震災から20年をきっかけに生まれた、「神戸の魅力は人である」という思いを集約したシビックプライド・メッセージである「BE KOBE」の文字を配置した。

コーロクンは盾を新調

お馴染みの「コーロクン」は新チームでも引き続きマスコットを務めるが、やはりより地域とのつながりを強めるために、「錨」マークがついた盾に持ち替えた。

リーグワンの開幕に向けて、ディロンHCは「神戸のファンの方々と一緒にこの新シーズンを楽しみにしています。(PR山本や日本代表のPR具智元が加入したことについて)質の高い選手が入ってくることは間違いなく、チームにとってプラスになる。力強いタイトファイブがいるかないかはチームにとって重要です。チーム全体が成長をしていってほしい。HO(フッカー)松岡賢太、LO(ロック)今村陽良ら若手も成長を感じる」と先を見据えた。

新たにコベルコ神戸スティーラーズとなったクラブは10月11日に始動し、来年1月8日にホームのノエビアスタジアム神戸で、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安を迎えて開幕戦を行う。

コベルコ神戸スティーラーズがラグビーで神戸の街を熱く盛り上げ、神戸のラグビーファンの心に熱い炎を燃やし、リーグワン初代王者を目指す。

文:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ