人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年8月3日

決闘、ケープタウン。 ~必見! ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ対南アフリカ~

be rugby ~ラグビーであれ~ by 藤島 大
  • Line

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ vs. 南アフリカ代表

生きるか死ぬか。こんどの土曜、8月7日、南アフリカ共和国のケープタウンで「決闘」が行われる。ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズと南アフリカ代表スプリングボクスの第3戦。ここまで1勝1敗だから、シリーズ覇者を決める「ディサイダー」だ。J SPORTSのライブ放送は日付の変わった深夜0時30分に始まる。

J SPORTS オンデマンド番組情報

激突を前に激突は始まっている。いわゆる「マインド・ゲーム」。戦いを有利に進めるために世論をかき乱し、さまざまな心理的圧力を相手やレフェリーに与える。

もっぱら主役は、スプリングボクスのダイレクター・オブ・ラグビー、2年前のワールドカップを制した前監督、ラッシー・エラスマスである。

スプリングボクスはテストマッチ初戦に後半の失速をつかれて敗れた。するとエラスマスは、私的なSNSのアカウントを用いて、オーストラリア出身のレフェリー、ニック・ベリーの「誤審」を枚挙する。映像を駆使した自身の1時間にもおよぶモノローグを通して世界に不満を拡散させた。

直接、話し合う。記者会見で疑義を述べる。そこまでが限度だろう、と、むき出しの批判は批判を浴びた。

「ラッシー・エラスマスはラグビーの品位と尊厳を打ち棄てた」(英国のガーディアン紙の見出し)。国際統括機関のワールドラグビーも「規範に違反」について本人の聴聞に踏み切ると発表した。 

SNSの普及は「普通の人」が、たとえば、ひいきチームの不利となったレフェリングについて意見を述べる機会をつくった。鋭い視点は多々ある。まったく悪いことではない。
 
しかしスプリングボクスのダイレクター・オブ・ラグビーは総監督ともいえる「公人」である。私的と断って、ひとりカメラにとうとうとレフェリーの個別の判定を語るのはラグビー文化の範疇を外れた。

ラッシー・エラスマスは「勝つ人」だ。実際、ワールドカップ日本大会での骨の太いコーチングや繊細なマネジメントは見事だった。就任から約18カ月で栄冠をもたらした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ