人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月6日

新たな布陣がどう機能するかに注目。B&Iライオンズのツアー2戦目はシャークスと激突

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

シャークス vs. B&Iライオンズ

国際ラグビー界の4年に一度のビッグイベント、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(B&Iライオンズ)の南アフリカツアーがいよいよ始まった。イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの精鋭によって編成されるドリームチームは、6月26日にスコットランドのエディンバラで日本代表と対戦した後(28-10で勝利)、すぐに同地を出発し、6月28日に南アフリカに到着。7月3日にはさっそくヨハネスブルクでシグマ・ライオンズとツアー初戦を行い、56-14で快勝を収めた。

今回の遠征スケジュールを見ると、B&Iライオンズはまず南アフリカの国内4大クラブ(シグマ・ライオンズ、シャークス、ブルズ、ストーマーズ)および南アフリカA代表と5試合を実施し、7月24日から3週連続で南アフリカ代表スプリングボクスとのテストマッチに挑む。ターゲットはもちろん、ラグビーワールドカップ2019日本大会を制した世界王者、スプリングボクスとのテストマッチ3連戦だ。それまでは2週間で5試合を行うタイトな日程ということもあり、37人のスコッドをフルに起用してゲームをこなしながらテストマッチ出場メンバーを見極め、チームを成熟させていくことになるだろう。

欧州ドリームチーム 「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」

2013年のオーストラリアツアー、2017年のニュージーランドツアーに続いてB&I ライオンズで3回目の指揮を執るウォーレン・ガットランド監督は、「最初の3試合ですべての選手にプレータイムを与える」と明言しており、シグマ・ライオンズ戦は1週前の日本代表戦から先発14人を入れ替えた布陣で臨んでいる。そして中三日で迎える7月7日19時(日本時間深夜2時)キックオフのシャークスとのツアー第2戦も、「水曜日の試合はジャパン戦とシグマ・ライオンズ戦で先発しなかった選手たちを中心にスタートする」という予告通り、ガラリと異なるスターティングラインアップを組んできた。

B&Iライオンズスターティングメンバー

発表された顔ぶれをFWから見ていくと、第1列は左PRマコ・ヴニポラ、HOルーク・カーワン ディッキーのイングランド勢と、日本戦はケガのため直前で出場を回避したスコットランドのザンダー・ファーガソンが右PRに入った。LO陣はゲームキャプテンを務めるイアン・ヘンダーソン(アイルランド)と、負傷のアラン ウィン・ジョーンズに代わって召集されたアダム・ビアード(ウェールズ)。バックローは同じく追加招集のFLジョシュ・ナヴィディ(ウェールズ)、FLトム・カリー(イングランド)、NO8サム・シモンズの3人で、ビアードとナヴィディ、カリーがライオンズでのデビュー戦となる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ