人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月21日

いよいよ今季の欧州ラグビー最強クラブが決定! ハイネケン・チャンピオンズカップ決勝でトゥールーズとラ・ロシェルのフランス勢が激突。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

ラ・ロシェル vs. トゥールーズ

4月2日よりプールマッチ上位16強によるノックアウトステージに突入した『ハイネケン・チャンピオンズカップ』は、いよいよ5月22日にファイナルを迎える。決戦の舞台となるトゥイッケナムのピッチに立つのは、11大会ぶり5度目の優勝を目指すトゥールーズと、クラブ史上初のビッグタイトル獲得を狙うラ・ロシェル。両者は現在フランスのTOP14でも首位を争っており、ヨーロッパ最強クラブの座を決するにふさわしい顔合わせとなった。

プールBを1勝1不戦勝で通過したトゥールーズは、新型コロナウイルス感染拡大による中断を挟んで約3か月半ぶりの大会再開となった決勝トーナメントの初戦で、過去2度のチャンピオンズカップ優勝を誇るアイルランドのマンスターに40-33で勝利。翌週の準々決勝で松島幸太朗が所属するTOP14のASMクレルモンとの熱闘を21-12で制すると、5月1日の準決勝では同じくフランス勢のボルドー・ベグルをホームのスタッド・エルネスト・ワロンで21-9と退けて決勝にコマを進めた。

同様に1勝1不戦勝でプールAを勝ち上がったラ・ロシェルは、ノックアウトステージ1回戦でグロスターに27-16と競り勝って勢いに乗った。続く準々決勝ではセール・シャークスを相手に6トライを奪う猛攻を見せ、45-21で快勝。過去4回の優勝を誇る強豪レンスターとの準決勝は終盤まで一進一退の展開が続く中、後半25分、33分とFW戦で2トライを挙げて32-23と突き放し、ホームのスタッド・マルセル・デフランドルに歓喜の雄叫びを響かせた。

勝てば優勝回数単独トップとなるトゥールーズは、2度のワールドカップウィナーであるNO8ジェローム・カイノ(ニュージーランド代表)や208センチのLOローリー・アーノルド(オーストラリア代表)、日本でもおなじみの南アフリカ代表WTBチェズリン・コルビ、2010年のチャンピオンズカップ優勝メンバーのベテランFBマクシム・メダール(フランス代表)など、要となるポジションに強豪国の代表選手を擁し、攻守にバランスのとれたチームだ。中心となるのは、世界屈指のHB団と評されるSHアントワーヌ・デュポンとSOロマン・ヌタマックのフランス代表ペア。2020年のシックスネーションズ最優秀選手に選出されたデュポンは、テンポのいいパスワークに加えフィジカルの強さを生かした弾丸ランとハードタックルが持ち味で、ヌタマックは1996年のチャンピオンズカップ初優勝時のトゥールーズのキャプテンでフランス代表キャップ46のレジェンド、エミール・ヌタマックを父に持ち、卓越したスキルとビジョンを兼備する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ