人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月12日

【ハイライト動画あり】「アグレッシブ・アタッキング・ラグビー」が爆発。サントリーが94得点でプレーオフへ視界良好

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

サントリーで2季目の元ジョージア代表指揮官、ミルトン・ヘイグHC(ヘッドコーチ)が試合後に語った。

「アグレッシブ・アタッキング・ラグビーをプレーする日としては絶好のコンディションでした」

4月11日(日)、快晴の東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催された「トップリーグ」第7節、サントリー×NTTコミュニケーションズ

6戦全勝でレッドカンファレンス1位のサントリーは、同4位が確定していた3勝2敗1分けのNTTコミュニケーションズを相手に、スローガン「アグレッシブ・アタッキング・ラグビー」を体現した。

サントリーは「各ポジションで競争を作りたい」(ヘイグHC)という意図もあり、ゲームタイムが多くなかったSO田村熙などを先発器用。

前節からメンバー23人中8人を変更。怪我から復帰の副将、LOトム・サベッジがゲーム主将を務めた。

先発を託された元早大主将、21年度の日本代表候補にも選ばれたSH齋藤直人は、試合に向けた心構えを訊ねられて「メンバーが変わった中でもサントリーのスタイルを貫くことを意識しました。どのエリアからでも攻める、というアグレッシブな姿勢は良かったと思います」。

一方のNTTコミュニケーションズも、前節からメンバー23人中8人を変更。南アフリカ出身のLOルイス・コンラディ、慶大卒のNO8栗原大介が今季初先発を飾った。

どのエリアからでも攻めるサントリーの攻撃的ラグビーは、前半から快調だった。

早大卒のSH齋藤、明大卒のSO田村という早明出身コンビは、的確なスキルでスピーディーな攻撃を指揮。

必ずゲインを切る世界最高峰のセンターの一人であるサム・ケレビ、そしてアシスト役としても成長している21年度の日本代表候補、CTB梶村祐介が、表と裏のプレーで相手守備の足を止めながら、次々にゲインを切っていく。

江見翔太(サントリー)

サントリーは前半3分、こちらも21年度のジャパン候補となったWTB江見翔太が先制トライを奪う。しかしNTTコミュニケーションズもすぐに反撃に転じた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ