人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月12日

【ハイライト動画あり】「アグレッシブ・アタッキング・ラグビー」が爆発。サントリーが94得点でプレーオフへ視界良好

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ただピッチでは果敢だった。敵陣ゴール前でもらったペナルティからタップで突進したのだ。

「スクラムが回ってPKをもらって、自分の下にボールがあったので拾ってポイントに行ったら前が空いていました。(早大でも1学年上の)齋藤先輩から『行け』という言葉があったので、行こう思いました」

先輩のアシストもあり、トップリーグ初出場、初めてのボールタッチでのトライという快挙となり、仲間に揉みくちゃにされた。

サントリーはさらにここから4連続トライ。そのうちの3トライは、後半21分に途中出場したNZ代表のSO/FBボーデン・バレット。トップリーグでは自身初だった。

「今日は田村熙にゲームタイムを与え、バレットに休んでもらうプランニングでしたが、20分間で3トライというのは、彼のワールドクラスの実力です」(サントリー・ヘイグHC)

最終スコアは94-31となり、WTBテヴィタ・リーは10トライでリーグ戦トライ数1位タイ。ボーデン・バレットは128得点で得点王に輝いた。

大敗を喫したNTTコミュニケーションズ。ハード-ワーカーのFL金正奎共同キャプテンは、プレーオフ初戦へ向けて決意を語った。

「ここでもう一度学びの多い試合ができました。ここで、こうした経験ができたことが大きい。これをどうトーナメントに繋げるかが重要です。チャレンジャーの気持ちを持ち続けてやっていきたいと思います」

NTTコミュニケーションズのプレーオフ初戦の相手はキヤノン。4月25日(日)、東京・江戸川区陸上競技場が舞台だ。

J SPORTS 放送情報

この日、観客8233人が見つめる中でゲーム主将を務めたLOサベッジの声は、心なしか明るかった。1年前は1回目の緊急事態宣言の最中だった。

「今日が初めてサンゴリアスでゲーム主将をした日でした。結果に満足しています。ノンメンバーも含めて良い練習ができました。観客がいっぱいのスタジアムでプレーできることができて幸せです。今日来て頂いた観客の皆さんに感謝したいです」

1位通過のサントリーは、プレーオフ2回戦から登場。4月24日(土)に東京・秩父宮で、NECと豊田自動織機の勝者と激突する。6度目の頂点へ視界は良好だ。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ