人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月11日

リーグ戦終了、サントリーとパナソニックが首位、神戸製鋼も無敗でトーナメントへ。トップリーグ最終節振り返り

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆最終順位
1位 パナソニック 勝ち点31(6勝1分)
2位 神戸製鋼コ 29(6勝1分)
3位 NTTドコモ 17(4勝3敗)
4位 リコー 17(3勝4敗)
5位 キヤノン 16(3勝3敗)
6位 ヤマハ発動機 15(3勝4敗)
7位 日野 7(1勝5敗)
8位 NEC 1(7敗)

※3・4位は直接対決の結果
※キヤノン、日野は試合中止による勝ち点2が加わる

レッドカンファレンスでは10日(土)、福岡・ミクニワールドスタジアム北九州でHonda HEAT vs.三菱重工相模原の1試合が行われた。前半序盤は拮抗した展開が続いたが、前半16分、22分とHO呉季依典、ベテランCTB森川海斗がトライを挙げて、Hondaが14-0とリードする。

26分、途中出場で入ったばかりの三菱重工相模原SOローランド・アライアサが危険なプレーによりレッドカードで退場。その後は数的有利となったHondaの一方的な展開となる。FBマット・ダフィーがハットトリックを達成する活躍を見せ、9トライを重ねたHondaが、55-7で快勝。MOMにはキックパスに冴えを見せたHondaのSO呉洸太が選ばれた。

11日(日)は3試合が行われた。東大阪市花園ラグビー場では勝った方が2位となる1敗同士のトヨタ自動車ヴェルブリッツとクボタスピアーズが激突した。前半5分、クボタがモールからHOマルコム・マークスが先制トライを挙げると、すぐにトヨタ自動車もBK(バックス)で展開して、WTBヘンリー・ジェイミーがトライを挙げた。

16分、クボタはCTB立川理道のキックをCTBテアウパ シオネが押さえてトライを挙げて14-5とリードする。トヨタ自動車がPGを返し、8-14となった前半終了間際、クボタは2人が反則の繰り返しによりシンビンとなる。

数的有利となったトヨタ自動車は後半3分、FLフェツアニ ラウタイミがトライを挙げ、15-14と逆転に成功。しかし、PGを1本ずつ決めて迎えた24分、HOマークスのトライでクボタが24-18と逆転に成功する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ