人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月2日

破竹の勢いのNTTドコモか。独自文化のヤマハ発動機か。トップリーグ第6節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ヤマハ発動機 vs. NTTドコモ

NTTドコモレッドハリケーンズが赤い旋風を巻き起こしている。

NTTドコモは2月20日に開幕したトップリーグ2021で、リーグ戦7試合のうち5試合を消化して4勝1敗。

所属するホワイトカンファレンスで、1位パナソニック、2位神戸製鋼に次いで堂々の3位(総勝ち点16)に入っている。

2011年度にトップリーグに初参戦したNTTドコモの過去最高位は、14年度の11位だ。2季前(18年度)は2部相当のトップチャレンジリーグにもいた。

過去一度も10位以内に入ったことのなかったチームが、今季初黒星となった第4節では、パナソニックと13点差の熱戦(13-26)を繰り広げた。実力は本物だ。

特筆すべきは、接戦を勝ち切る力だろう。今季4勝のうち、5点差以内は実に3試合だ。

接戦を勝ち切れる理由について、スーパーラグビーのライオンズ(南アフリカ)に全盛期をもたらした名将、南アフリカ出身のヨハン・アッカーマンHC(ヘッドコーチ)は、26-25で勝利した前節日野戦後に語っていた。

「ファイトすることを徹底的に鍛えてきました。プレシーズンから諦めないことにプライドを持ってプレーすることに取り組んできました」

日野戦はアッカーマンHCが「判断ミスが多かった」と振り返る出来。日野の出足の鋭いディフェンスにも苦しみ、相手キッカーの不調にも救われた一面もあるが、最後はハードワークで4勝目を掴んだ。

1点リードした後半34分には、指揮官が冷静さを評価するSH浜野達也を入れ、新加入のTJ・ペレナラはスタンドオフに移った。

「TJ(ペレナラ)は10番もできるのでプラン通りでした。今日だけではなく、リザーブにスタンドオフができる選手がいない場合を想定して、TJが後半に10番をカバーする練習はしています」(アッカーマンHC)

冷静な浜野、経験豊富なペレナラでハーフ団を組ませ、1点差を勝ち切ったアッカーマンHCの采配も光った。

そんなNTTドコモが4月3日(土)、お膝元の大阪(万博記念競技場)で、2勝3敗のヤマハ発動機と第6節を戦う。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ