人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月7日

開幕3連勝はサントリー、クボタ、トヨタ自動車、パナソニック、神戸製鋼、NTTドコモの6チーム。トップリーグ第3節の振り返り

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2月20日(土)に始まったトップリーグは、早くも3節目を迎えて、3月6日(土)には全国各地で8試合が行われた。

ホワイトカンファレンスでは優勝候補の神戸製鋼、パナソニック、そして「台風の目」となりつつあるNTTドコモが開幕から3連勝を達成。レッドカンファレンスでは優勝候補のサントリー、トヨタ自動車、そしてクボタが開幕3連勝とした。

J SPORTS 放送情報

まずはホワイトカンファレンスの試合を見ていきたい。ディフェンディングチャンピオンの神戸製鋼コベルコスティーラーズは、兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で日野レッドドルフィンズのチャレンジを受けた。

試合は前半からホームの神戸製鋼が圧倒。CTB(センター)アタアタ・モエアキオラ、NO8(ナンバーエイト)ナエアタ ルイ、WTB(ウィング)山下楽平の3人が2トライを挙げる活躍を見せ、8トライを挙げた神戸製鋼が52-7で快勝し、開幕3連勝を達成した。

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)にはWTB山下が選出。3トライ差以上の勝利でボーナスポイントも得た神戸製鋼が、勝ち点5を加えて勝ち点を14に伸ばした。

大分・昭和電工ドーム大分では、優勝候補のパナソニック ワイルドナイツキヤノンイーグルスの挑戦を受けた。開幕から状態のいいパナソニック、序盤はPG(ペナルティゴール)で得点を重ねる固い試合運び。その後はキャプテンHO(フッカー)坂手淳史がトライを挙げ、前半を11-0で折り返した。

後半もパナソニックが優位に進め、WTB福岡堅樹らが5トライを重ね、47-0で快勝し、開幕3連勝を達成。MOMには後半から出場しトライも挙げたPR(プロップ)ヴァルアサエリ愛が選ばれた。3トライ差のボーナスポイントも得たパナソニックが勝ち点5を加えて、勝ち点を15として首位をキープした。

今季、初先発でMOMに輝いたヤマハFB五郎丸

前節敗れた強豪のヤマハ発動機ジュビロは、東京・秩父宮ラグビー場でNECグリーンロケッツと対戦した。先制されたものの、ヤマハ発動機は今年初出場のFB(フルバック)五郎丸歩のキックを軸に相手陣で戦い、絶好調のWTBマロ・ツイタマ、FB五郎丸らのトライで26-7とした。NECも前半終了間際に2トライを加えて、26-19とヤマハ発動機の5点リードで前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ