人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月27日

日本代表、初戦は南北アメリカ大陸第2代表と対戦。ラグビーワールドカップの大会スケジュールが決定

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ワールドカップ大会フォーマット

2月26日(金)、ワールドラグビーから2023年ラグビーワールドカップのスタジアムや、試合日程などのスケジュールが発表された。2023年ワールドカップは9月8日、開催国フランスとニュージーランドの一戦で開幕し、10月23日に決勝戦が行われる。

昨年12月の抽選会の結果、プールDに入りイングランド、アルゼンチン、オセアニア第1代表(サモアかトンガが有力)、南北アメリカ大陸第2代表(アメリカ、ウルグアイ、カナダなどが有力)と同組になった日本は、2023年ワールドカップの予選プールは下記の日程で戦うことになった。

◆予選プールD 日本代表日程

・9月10日(日)vs.南北アメリカ大陸第2代表 @トゥールーズ
・9月17日(日)vs.イングランド代表 @ニース
・9月28日(木)vs.オセアニア第1代表 @トゥールーズ
・10月8日(日)vs.アルゼンチン代表 @ナント

予選プール上位2チームに入れば、10月14日(土)か15日(日)、準々決勝でプールC(オーストラリア代、ウェールズ、フィジーなど)の上位2チームのいずれかとマルセイユで激突。もし、準決勝に進出すれば20日(土)か21日(日)にパリ郊外のサン=ドニで戦う。

J SPORTS 放送情報

まず、2023年ワールドカップのスケジュールが発表されたことを受けて、日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は日本ラグビー協会を通じて「最初の3試合を南フランスで戦うことになったことは、2017年のトンガ戦の際に準備も含めて、トゥールーズに滞在して街にも精通していることを考えますと、私達にとって好材料です。とても適応しやすい地域で、人々はみな、本物のラグビーファンです」。

「ワールドカップはどの試合も必ず非常にタフであり、2戦目と4戦目でそれぞれティア1強豪国と戦ううえで、一週間またはそれ以上の試合間隔があることは、ベストを尽くして戦うためにもとても重要なことです」。

「コロナ禍のこともあり、私たちチームにとっては、とにかくもう一度プレーをして、2023年に向け準備をしていくことが必要ですが、先週トップリーグが開幕したことはその第一歩となります」とコメントした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ