人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月19日

トップリーグ歴代MVPを振り返り、新シーズンのMVPを予想する

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

今季も世界のトップ選手がトップリーグに参戦。現役オールブラックスのボーデン・バレット(サントリー)

いよいよ2月20日(土)から18シーズン目、そして来年から新リーグが始まるため、最後となるトップリーグが開幕する。

昨シーズンこそ、新型コロナウィルス感染拡大などの影響があり、6節で中断してしまったが、過去16シーズンのMVPを振り返りたい。そして、今シーズンの優勝争いと同時にシーズンMVPも占ってみたい。

シーズンMVPは優勝したチームからリーグが選出する最優秀選手である。つまり、レギュラーシーズンやプレーオフ(開催された場合のみ)を通じて、もっとも優勝に貢献し、そのシーズンの顔となった選手が選ばれると言えよう。当然、シーズンMVP受賞選手は、そのほとんどがシーズンの「ベスト15」にも選出されている。

実は過去のトップリーグでは、4チームしか優勝していない。東芝ブレイブルーパスサントリーサンゴリアスが優勝5回ずつで、パナソニックワイルドナイツが4回、神戸製鋼コベルコスティーラーズが2回優勝している。つまりシーズンMVPも東芝、サントリーから5人ずつ、パナソニックから4人、神戸製鋼から2人が選出されているというわけだ。

シーズンMVPの一覧を見ると、日本代表や強豪国の代表キャップホルダーなど錚々たるメンバーが並ぶ。

J SPORTS 放送情報

初代シーズンMVPは日本を代表するCTB(センター)だった元木由記雄(神戸製鋼)であり、その後はWTB(ウィング)WTB小野澤宏時(サントリー)、LO(ロック)大野均(東芝)ら日本代表としてワールドカップで活躍した選手が並んでいる。

2017年度は現在、フランスのモンペリエで活躍しているFB(フルバック)松島幸太朗(サントリー)、2018年度はオールブラックスのレジェンドであるSO(スタンドオフ)ダン・カーターが選ばれている。

また、シーズンMVPに2回選ばれている選手は過去3人だ。1人目は「ジャッカルの名手」として世界的に名高かったオーストラリア代表FL(フランカー)ジョージ・スミス(サントリー)、2人目もオーストラリア代表でSO(スタンドオフ)ベリック・バーンズ(パナソニック)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ