人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月1日

早稲田大学、2年連続の『荒ぶる』へ向け帝京大学と対戦。ラグビー全国大学選手権準決勝

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

慶大戦でインゴールへ向かうCTB伊藤

ラグビー全国大学選手権連覇に向けて、第1関門の慶應義塾大学戦で勝利を収め、3年連続の『年越し』を決めた早稲田大学。次戦で迎え撃つのは、3年ぶりの大学日本一を狙う帝京大学だ。

帝京大は大学選手権初戦となった東海大学との準々決勝で、相手の粘り強いディフェンスに苦戦を強いられ、セットプレーなどに課題が残る一戦となったが、接戦の末に14-8で勝利した。今季2度目となる両者の対決はどちらに軍配があがるのか。

ラグビー 全国大学選手権

今季の早大の強さは課題修正能力にある。「1週間、1週間、自分たちの課題を克服するために練習を積むことができています」と、PR(プロップ)小林賢太(スポ3=東福岡)の言葉通り、毎試合ごとに浮かび上がったチームの課題を確実に修正、克服してこれまで白星を積み上げてきた。

要所でのラインアウト、スクラムのミスが痛手となり、初黒星を喫した関東大学対抗戦の早明戦を受け、「自分たちの形を取り戻すことにフォーカス」(相良南海夫監督、平4政経卒=東京・早大学院)して臨んだ慶大戦で見せた、安定したセットプレーがそれを証明している。

対抗戦の帝京大戦でのディフェンス

帝京大戦では、慶大戦で課題となった後半の規律の乱れをどこまで修正できるかが1つの焦点となる。また、早大フィフティーンは対抗戦7試合、大学選手権1試合を経て、確実な成長を見せている。

慶大戦で公式戦初スタメン出場を果たし、圧巻の独走トライを見せたCTB(センター)伊藤大祐(スポ1=神奈川・桐蔭学園)や、そのスピードと突破力を武器に対抗戦からコンスタントにトライを挙げているWTB(ウィング)槇瑛人(スポ2=東京・国学院久我山)と、WTB古賀由教(スポ4=東福岡)の両翼を擁するBK(バックス)は高い決定力を誇る盤石の布陣。

SH(スクラムハーフ)小西泰聖(スポ2=神奈川・桐蔭学園)と、SO吉村紘(スポ2=東福岡)のHB(ハーフバック)団の安定感は、試合を重ねるごとに磨きがかかり、持ち味の『展開ラグビー』を主導している。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ