人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月24日

【ハイライト動画あり】関東大学対抗戦Aは早大が6戦全勝 理詰めの攻撃で、慶大の「突き刺さるタックル」を封じる

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

【ハイライト】慶應義塾大学 vs. 早稲田大学|ラグビー 関東大学対抗戦2020

15-6と早大リードで迎えた後半19分、慶大はSH上村龍舞のキックチャージでチャンスを作り、早大ゴール前のラインアウトからモールを押し込み、最後はNO8高武がトライ、15-11と4点差に迫る。早大の勝利を決定づけたのは、26分の早大FB河瀬のトライだった。慶大陣深く攻め入り、フィールド中央でFW陣が何度も突進してタックルを受けながら攻撃を継続。最後はフィールドの右半分のスペースを使って、河瀬がタッチライン方向に走りながらパスを受け、慶大が誇るタックラーのCTB三木亮弥をスピードで振り切り、外側からタックルに来たWTB佐々木隼を弾き飛ばしてインゴール右中間に飛び込んだ。吉村のゴールも決まって、22-11。早大が慶大のディフェンスをコントロールして奪ったトライで勝敗は決した。

その後も緊張感ある攻防が続いたが、両チーム追加点は奪えず。早大は後半33分、大物ルーキー伊藤大祐が吉村に代わってSOに入り、堂々たるプレーぶり。ハイパントをキャッチした直後にタックルを受けたかに見えたが、後ろに一歩下がってはたき落として突進。昨季の高校王者・桐蔭学園を引っ張ったプレーメイカーの非凡な才能を垣間見せた。早大も多くのチャンスを失い、得点こそ伸びなかったが、「突き刺さるタックル」を封じることには成功していた。負傷者が次々に復帰しながら白星を重ねる早大の大学選手権連覇へのプロセスは、今のところ順調と言えそうだ。

「お互いの持ち味を出した早慶戦らしい一戦だったと思います。慶應のディフェンスを想定して準備したことで我慢できました。まだまだ成長過程なので、いい準備をして(12月6日の)明治戦に持てる力をぶつけたいです」(早大・相良南海男監督)

敗れた慶大の相部キャプテンは、チャンスでモールを押せず、ラインアウトもミスがあったことについて報道陣に問われ、「モールはシンプルに推進力が足りませんでした。早稲田のラインアウトのディフェンスも良いのですが、こちらの精度が低かったと思います」と自らに矢印を向けた。

早大は6勝0敗となり、2季ぶりの対抗戦優勝に王手をかけた。12月6日、5勝1敗の明大と対戦する。慶大は4勝2敗となり、12月6日、同じく4勝2敗の帝京大と対戦する。

文:村上晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ