人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月28日

帝京大学、日本一を経験した最後の世代の挑戦。ラグビー関東大学対抗戦チーム紹介

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

勝負の秋がやってきた。ケガ人が続出し、思うような結果が残せなかった昨年度からおよそ1年。残るメンバーは多くとも、別のチームに生まれ変わった帝京大学は再び、対抗戦の頂点へ駆け上がる。

今年のチームは4年生がカギになるだろう。特にWTB(ウイング)木村朋也(4年=伏見工)、SO(スタンドオフ)北村将大(4年=御所実)、CTB(センター)ニコラス・マクカラン(4年=ハミルトンボーイズ)、FB(フルバック)奥村翔(4年=伏見工)は2017年度、大学1年の時にグラウンドで優勝を経験したメンバーだ。

そして今年度の4年生はその大学選手権での優勝を知る最後の世代。この経験を次に繋げるためにも、そして3年ぶりの大学選手権優勝のためにも、対抗戦は優勝で締めくくり大学選手権につなげたい。

要となるSO北村

BK(バックス)には快足を飛ばし、次々と相手をステップでかわしてトライを量産するWTBの木村、最後尾からゲームを動かし、ロングキックも得意なFB奥村、トライへの嗅覚が鋭く、ギャップを突くのがうまいCTB(センター)尾崎泰雅(4年=伏見工)といったランナーが揃う。


また、SO北村、SH(スクラムハーフ)土永雷(4年=光泉)らハーフ団が中心にゲームを組み立て、攻撃の要となる。ほかにもCTBニコラスや、SO押川敦治(3年=京都成章)、高本幹也(2年=大阪桐蔭)らも驚異となるだろう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

FW(フォワード)にはフィールドプレーが得意なPR(プロップ)細木康太郎(3年=桐蔭学園)やラインアウトの要のLO(ロック)久保克斗(4年=国学院栃木)、稲垣啓太(パナソニック)の後輩、PR近藤息吹(4年=新潟工)はスクラムでの活躍が光る。

他にもFL(フランカー)リッチモンド・トンガタマ(3年=オタフフカレッジ)やFL上山黎哉(3年=大阪桐蔭)、NO8(ナンバーエイト)安田司(4年=常翔学園)など接点でのプレーが強い選手もいる。

1年生にも高校2年時に花園で優勝を果たしたHO(フッカー)江良颯(1年=大阪桐蔭)や、NO8奥井章仁(1年=大阪桐蔭)など心強いメンバーが入部した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ