人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月21日

【ハイライト動画あり】豪州代表の次世代スターたちも躍動!豪州版スーパーラグビーはブランビーズが優勝!

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ブランビーズが戴冠

7月に開幕したオーストラリア5チームによる国内大会「スーパーラグビー2020 オーストラリア」が9月19日(土)、ついに決勝戦を迎えた。

まずはコロナ禍と戦いながら大会を運営してきた関係者、熱戦を届けてくれた5チームの選手、スタッフに感謝したい。

ファイナルに辿り着いたのは、レギュラーシーズンで1位(6勝2敗)だったブランビーズと、プレーオフ準決勝から勝ち上がってきた2位(5勝1分2敗)のレッズだ。

両軍の出場メンバーには、9月13日に発表された44名の新生ワラビーズ(オーストラリア代表)がずらり。両軍合わせて23名が代表に選ばれたが、全員がファイナルの舞台に登場した。

ブランビーズの代表メンバーは12人で、そのうちスタメン出場は9人。フロントロー(FW第1列)は全員がワラビーズ。

PRスコット・シオ、PRアラン・アラアラトア、HOフォラウ・ファインガアだ。強力なキャリアーであるNO8ピート・サムもスタメンも飾った。

バックスでは、SHジョー・パウエルと弱冠20歳のSOノア・ロレシオがハーフコンビを組み、CTBイラエ・シモネ、WTBトム・ライト、FBトム・バンクスも先発した。

ブランビーズは層が厚く、代表メンバーのPRジェームズ・スリッパー、FLロブ・ヴァレティニ、SHニック・ホワイトの3人は途中出場となった。

敵地キャンベラのGIOスタジアムに乗り込んだレッズは、ワラビーズの11人全員が先発を果たした。

フォワードでは、PRタニエラ・トゥポウ、HOブレンドン・パエンガアモサ、LOラカン・サラカイアロト。

さらにレッズは先発バックロー(FW第3列)が全員ワラビーズで、平均年齢は21歳。

ファイターで22歳のFLリアム・ライト主将、ジャッカルが得意な21歳のFLフレイザー・マクライト、突進力に優れた二十歳のNO8ハリー・ウィルソン。

レッズもハーフ団は代表選手。22歳のSHテイト・マクダーモットと、円熟期に入った30歳のSOジェームズ・オコナーだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ