人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月7日

優勝が決まる!?大一番の「南島ダービー」!SRアオテアロア第9節「クルセイダーズ×ハイランダーズ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

クルセイダーズが勝てば優勝が決まる。

佳境を迎えたニュージーランド(NZ)版スーパーラグビー「アオテアロア」。NZ強豪5チームによる激闘は、第9節に突入した。

8月9日(日)は、5勝1敗で首位を走るクルセイダーズが、地元クライストチャーチに、同じNZ南島ダニーデンを拠点とする2勝4敗(4位)のハイランダーズを迎える。

この「南島ダービー」にクルセイダーズが勝利すれば、今週ゲームのない2位ブルーズとの勝ち点差は、逆転不可能な「6」以上に拡大する。

アオテアロアではプレーオフがないため、最終節(第10節)を残してクルセイダーズの優勝が決まる。

今週がBYE(休みの週)である2位ブルーズは、最終節での逆転優勝を夢見て、ハイランダーズの勝利を願っているだろう。

しかし下馬評はクルセイダーズの圧倒的有利だ。

英ブックメーカー大手「ウイリアムヒル」のオッズは、7日時点でハイランダーズの「6.5」に対し、クルセイダーズが「1.12」。ハイランダーズが勝てば番狂わせとなる。

それもそのはず、ハイランダーズはクルセイダーズの地元クライストチャーチで、2015年シーズンに25-20で勝利して以来、約5年間勝利がない。

2020年のアオテアロアでは第4節に対戦しているが、ホームスタジアムでダブルスコア(20-40)で負けている。

ハイランダーズのコーチ陣にとっても挑戦となる。FWコーチのクラーク・ダーモディは、SR3連覇中のクルセイダーズを「完成されている」と認めている。

「彼ら(クルセイダーズ)は完成されており、洗練されている。そして私達の経験からいえば、彼らは後半10分から30分にかけてとても強い」

「私達はスタートから80分間戦い抜かなければならない。彼らに勝つことは容易ではない。80分間の完璧な遂行が(勝利のための)レシピだと思っている」(ダーモディFWコーチ)

3年目を迎えた指揮官、アーロン・メイジャーHC(ヘッドコーチ)は「首位チームに対して、私達の実力を証明する最高の機会」と意気込んでいる。はたして最高の機会を捉えられるか。

そんなハイランダーズの注目の先発メンバーを見てみよう。

先発には、5年前のクルセイダーズ戦勝利を知る共同主将が揃い踏みとなる。HOアッシュ・ディクソンと、SHアーロン・スミスだ。

注目のFW選手は成長著しい26歳のFLシャノン・フリゼル。22歳のNO8マリノ・ミカエレ・トゥウと共に攻撃の核となっている。

バックスでは、7人制の経験も豊富な22歳のWTBジョナ・ネレキが先発する。FBミッチ・ハントも独力でトライが獲れる危険なランナーだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ