人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月7日

優勝が決まる!?大一番の「南島ダービー」!SRアオテアロア第9節「クルセイダーズ×ハイランダーズ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

迎え撃つクルセイダーズ。

2017年からSR3連覇を成し遂げており、アオテアロアでも載冠となれば4年連続のタイトル獲得となる。

指揮官は、2019年ワールドカップ後にオールブラックス(NZ代表)の次期HC候補に名前が挙がった4年目のスコット・ロバートソンHC。その名声は高まる一方だ。

優勝を懸けたクルセイダーズの注目メンバーを見てみよう。

家族の不幸で前節チーフス戦を欠場したNZ代表のプロップ、タックルの正確性も 一級品であるジョー・ムーディーが先発復帰。

またCTBブレイドン・エノーもつま先の負傷からスタメン復帰を果たす。

その他の先発メンバーも世界最高峰だ。

圧倒的走力を誇るNZ代表のHOコーディー・テイラー、運動量豊富なサモア代表のPRマイケル・アラアラトア。

ロックではNZ代表のサム・ホワイトロック。22歳の新人ながらクルセイダーズの7番を背負うのは、20歳以下のNZ代表でキャプテンを務めたFLトム・クリスティーだ。

司令塔はランニングセンスが光るNZ代表のSOリッチー・モウンガ。そしてポジション最後尾には、リーグ1位の6トライを記録しているFBウィル・ジョーダンがいる。

クルセイダーズのラインナップは圧巻だ。ハイランダーズは80分間集中力を持続し、粘り強いディフェンスで後半の失点を抑えたい。

アタックでは得意のラインアウトモール、華麗なアタックで得点を重ねられるか。

クルセイダーズの最終節はアウェーゲームであり、ホームゲームはハイランダーズ戦が今季ラストだ。

ホームファンの前で優勝を見せられる唯一の機会でもあり、王者チームの士気は高いだろう。

番狂わせは起こるか。ハイランダーズも誇り高きNZチームであり、何が起こるかは分からない。

注目の大一番「クルセイダーズ×ハイランダーズ」は、8月9日(日)午後0:25からJ SPORTS 1で生放送、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。


文:多羅正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ