人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月2日

優勝戦線生き残りを賭けるハイランダーズ、王者・クルセイダーズを迎え撃つ。スーパーラグビー2020 アオテアロア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

6月13日にニュージーランドで開幕した「スーパーラグビー2020 アオテアロア」は、7月4日(土)5日(日)に第4節を迎え、4日(土)はハイランダーズが昨年度の王者クルセイダーズを迎える。

開幕戦、ホームでチーフスに28-27と競り勝ったハイランダーズは、1週休みを挟んで迎えた前節のブルーズ戦でも接戦を繰り広げたが、惜しくも24-27で敗れた。

優勝争いに残るに、何としても勝利したいハイランダーズのアーロン・メイジャーHC(ヘッドコーチ)は、ブルーズ戦からFW3名、BK2名を変更した。

FW(フォワード)第1列は総入れ替えで、PR(プロップ)ダニエル・レイナート ブラウンとジェフ・スウェイツ、オールブラックスのHO(フッカー)リアム・コルトマンの3人が今大会で初先発。

共同キャプテンのひとりである、HOアッシュ・ディクソン、PRエイデン・ジョンストン、シアテ・トコラヒはリザーブに回った。

LO(ロック)はパリパリ・パーキンソン、ジョシュ・ディクソン、FL(フランカー)はオールブラック経験のあるシャノン・フリゼルと、ディロン・ハントの2人、NO8(ナンバーエイト)には、好調を維持しているマリノ・ミカエレ トゥウが3試合連続でスターターを務める。

FWコーチのクラーク・ダーモディは「タフな試合が予想されるクルセイダーズ戦に向けて、このような選手の入れ替えができたことは、我々のフロントローは層が厚いと言うことであり、いいチャレンジができるはずだ」と自信をのぞかせた。

ハーフ団はニュージーランド代表で共同キャプテンのSH(スクラムハーフ)アーロン・スミス、古巣との対決となるSO(スタンドオフ)ミッチェル・ハントが引き続きコンビを組み、CTB(センター)もパテレシオ・トムキンソンとロブ・トンプソンが開幕から3戦続けて先発する。

2試合連続で先発したルーキーのWTB(ウィング)サム・ギルバートが膝の負傷で今季絶望的となり、替わってナニ・プニヴァイがセブンズ代表のWTB(ウィング)チョナ・ナレキとともに両翼を務める。

FB(フルバック)は先週、精彩を欠いて苦い先発デビューとなったニュージーランドセブンズ代表のスコット・グレゴリーに替わり、マイケル・コリンズが入った。

日本代表でもコーチを務めたトニー・ブラウン アシスタントコーチは、「マイケル・コリンズは非常に優れたコミュニケーターなので、バックスリーをうまくまとめてくれるだろう」と期待を寄せた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ