人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年6月5日

世界の頂点を目指す4強の激闘 多様な強さ示した南アフリカの優勝、衝撃的オールブラックス敗北

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

2019年のラグビーワールドカップを振り返ると、多くの人に見てほしい試合、プレーが多すぎて困るほどだ。日本代表を軸にして楽しめたプール戦、準々決勝を経て、勝ち残ったベスト4の闘いも長く語り継ぐべき内容だった。

準決勝の第1試合は、10月26日(土)、横浜国際総合競技場にて行われ、世界を驚かせる試合展開になった。ラグビー発祥の母国イングランドを率いるのは、エディー・ジョーンズヘッドコーチ。2017年5月、京都迎賓館で組み合わせが決まったとき、強豪ひしめくプールCに入りながら、「優勝までの道筋が見えました」と言い切った。プール戦を1位通過し、準々決勝を突破すれば、準決勝でニュージーランド(オールブラックス)と戦うことが濃厚だった。オールブラックスが図抜けた強さを誇るからこそターゲットを絞ることができるのだが、オールブラックスに勝つ準備はここから始まっていたのだ。

準決勝オールブラックスのハカ。イングランドが逆V字の隊形で受けた


そして、迎えた試合開始直前。オールブラックスのハカに対抗し、イングランドは相手を包み込むような逆V字の隊形を作った。ジョーンズHCは、RWC2003でオーストラリア代表を率いたときも準決勝でオールブラックスを倒している。「彼らにいつもと違うと考えさせる」。それが勝利をたぐりよせるのだ。ハカをいつもと違う隊形で受け、キックオフはキッカーをスイッチして蹴る。そして、立ち上がりは2003年のオーストラリアと同じように、凄まじい勢いで連続攻撃を仕掛けた。約1分半でCTBマヌ・トゥイランギが先制トライをあげる。流れは完全にイングランドへ傾いた。それでもオールブラックスが本来の攻撃力を発揮すればあっという間に逆転する。攻めるオールブラックスに激しいタックルを見舞い続けるイングランド。見ごたえは十分だ。

準決勝第2試合は、南アフリカ優位の声に反してウェールズが健闘する。闘将アラン=ウイン・ジョーンズが体を張り、SOダン・ビガー、FBリー・ハーフペニーら経験豊富な選手たちが活躍し、結束力の強さを見せるウェールズ。ハイパントの応酬になるが、緊張感ある空中戦を観客も固唾をのんで見守る。ラグビーの多様なプレースタイルの一面を見せた戦いでもあった。南アフリカのSOハンドレ・ポラード、CTBダミアン・デアレンディら日本でのプレー経験ある選手たちの活躍が嬉しい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ