人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月13日

早稲田大学、11年ぶりの頂点。「荒ぶる」までの1年を振り返る。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

早稲田大学ラグビー蹴球部、相良南海夫監督(平4政経卒=東京・早大学院)体制2年目のシーズン、首脳陣は大きく変わった。

現役時代に優勝を経験した権丈太郎氏(平20スポ卒=福岡・筑紫)、後藤翔太(平17教卒=神奈川・桐蔭学園)の2人をコーチとして招へい。また、武川正敏氏(平15教卒=山梨・日川)をヘッドコーチに据えた。他にもさまざまな部分を一新し、挑んだ。

春シーズンは数多くの実戦経験を積んだ。関東大学春季大会はAグループに所属し、数々の強豪校と対戦。「ディフェンス」と「スクラム」の向上をテーマに挑んだ。

徐々に前者は好転し、招待試合である明治大学戦では「(得点を)取られはしたが、粘れた」と(相良南監督)手応えをつかんだ。しかし、その一方でスクラムの課題が顕著に。だが、多くの選手が赤黒を着てAチームデビューを果たすなどの好材料も多く得た。

長野の菅平で行われる夏合宿までの間、チームはフィットネス強化とスクラム強化に重点を置き練習を重ねた。チームの長所である部分と短所を強化したかたちだ。その成果は夏合宿の天理大学戦で発揮される。

序盤、スクラムを押し込まれ失点しまう。だが、強化してきたディフェンスが機能。失点を連続させない。前半終了間際にスクラムトライを奪い、充実ぶりをにじませた。

後半もフィットネスで上回り、天理大学を圧倒。33-14と昨年度ファイナリストを一蹴した。帝京大学にも2年連続となる勝利を収め、Aチームは夏合宿の対外試合を全勝で締めくくった。

◆関東大学対抗戦
・ 8月31日(土)○早稲田大学 68-10 日本体育大学●
・ 9月08日(日)●青山学院大学 0-92 早稲田大学○
・ 9月15日(日)●筑波大学 8-52 早稲田大学○
・11月04日(月)○早稲田大学 120-0 成蹊大学●
・11月10日(日)○早稲田大学 34-32 帝京大学●
・11月23日(土)○早稲田大学 17-10 慶應義塾大学●
・12月01日(日)○明治大学 36-7 早稲田大学●

そのまま、同じ菅平で関東大学対抗戦が開幕。対戦相手は日本体育大学であった。開始早々に先制点を献上し、流れを奪われてしまう。だが、徐々にディフェンスで修正。68-10と快勝した。

連勝を重ね、迎えた一昨年度の学生王者・帝京大学との一戦。試合は壮絶な点の取り合いとなる。リードされ続けたが、ロスタイムにSH(スクラムハーフ)齋藤直人主将(スポ4=神奈川・桐蔭学園)がインゴールに飛び込み、逆転。34-32で対帝京大、対抗戦では9年ぶりとなる勝利を収めた。

伝統の早慶戦では雨の影響かミスが続出。しかし、地力の差を見せ辛勝した。そして迎えた対抗戦の最終戦である早明戦。

試合は、明大ボールのスクラムから反則を犯し、自陣に攻め込まれる。強烈なフィジカルで突破を許し、失点。しかし、早大もすぐさまSO(スタンドオフ)岸岡智樹(教4=大阪・東海大仰星)のトライで反撃するが、その後は明大ペース。

セットプレーで劣勢に立たされ、アタックを継続できず。計5トライを奪われ、対抗戦を2位という結果で終えた。

敗戦後チームは『REBORN』をテーマに掲げた。生まれ変わり、もう一度決勝で明大と再戦し、リベンジすること。そのことを強く決意し、全国大学選手権に臨んだ。

ラグビー全国大学選手権 決勝

早稲田大学、優勝後の『荒ぶる』

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ