人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月6日

高校3冠か、初優勝か、桐蔭学園と御所実業が決勝進出。全国高校ラグビー大会準決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1月5日(日)、大阪・東大阪市花園ラグビー場で「花園」こと、全国高校ラグビー大会の準決勝2試合が行われた。

Aシードの御所実業(奈良)と桐蔭学園(神奈川)がそれぞれ持ち味を発揮し快勝し、7日(火)の決勝に駒を進めた。奈良県勢と神奈川県勢の決勝は初のこと。桐蔭学園が勝てば2度目の優勝、御所実業が勝てば初優勝となる。

写真:2トライの御所WTB安田

◆固い守備を見せた御所実業が決勝進出

1試合目は悲願の初優勝を目指すAシードの御所実業に、準々決勝で京都成章(京都)を下して勢いに乗るBシードの常翔学園(大阪第2)が挑んだ。

先制したのは御所実業。8分、ラックでターンオーバー後、ボールを継続しFL(フランカー)長船鉄心(3年)がトライ。

さらに13分、スクラムを起点にボールを継続して、FB(フルバック)石岡玲英(3年)からWTB(ウィング)安田昂平(2年)がトライを挙げて12-0とリードする。

22分、常翔学園の1年生SO(スタンドオフ)仲間航太がノックオンしたボールを見逃さず、御所実業SH(スクラムハーフ)稲葉聖馬(3年)が拾い上げてトライを上げて、前半は御所実業が19-0で折り返した。

後半も先手を取ったのは御所実業。4分、相手のキックをキャッチしたWTB安田がカウンターを仕掛けて60mを走り切ってトライし、26-0と大きくリードした。

常翔学園もFWを中心に攻め込み、15分にはFL原透和(3年)がトライを挙げたが、その後は御所実業の守備の前に得点を重ねることはできなかった。結局、4トライを挙げた御所実業が26-7で快勝し、4度目の決勝進出を決めた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ