人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月28日

激しい肉弾戦を制した南アフリカ、ウェールズに勝って決勝へ。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

10月27日(日)、神奈川・横浜国際総合競技場でラグビーワールドカップの準決勝が行われた。

3度目の優勝を狙う「スプリングボクス」こと、南アフリカが、初の決勝進出を目指す「レッドドラゴンズ」こと、欧州王者ウェールズと激突した。

南アフリカのSO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラードのキックオフで幕を開けた前半は、そのポラードが「最初の20、30分は腹の探り合いのような展開になる」と予想した通りとなった。

互いにキックを使いながら攻めあうが、ディフェンスに長けたチーム同士の対戦のため、なかなか得点が動かない。

ようやく前半15分、相手の反則から南アフリカは、SOポラードがPG(ペナルティゴール)を決めて、3-0と先制する。

南アフリカはスクラム、モールでは優勢だったが、一気に攻めきることはできず、逆に18分にはウェールズがSOダン・ビガーのPGで3-3の同点とした。

その後も一進一退の攻防が繰り広げられるなか、20分にスクラムで押し勝った南アフリカがペナルティを獲得。SOポラードの右40mのPGで3点を追加し、6-3。

さらに、35分にもSOポラードがPGを決めて、9-3と少しずつリードを広げる。

だが、ウェールズも前半終了間際の39分に、SOビガーがPGを決めて6-9として前半を折り返す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ