人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月20日

オールブラックス強し!アイルランドの4強入りの夢を砕く。ラグビーワールドカップ日本大会・準々決勝 ニュージーランド vs. アイルランド レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

前半32分には鋭いランを何度も披露していたWTBセブ・リースが、アイルランドの10番ジョナサン・セクストンへビッグヒット。

ボールがこぼれ、蹴り返した楕円球をFBボーデン・バリットが追いかけ、ドリブルでゴール目前へ進めて難なくトライ。相手のミスをトライに繋げる必殺カウンターが決まった。

アイルランドは前半終了間際のチャンスで、この日ジャッカルも見せたFLピーター・オマーニーが、ラックで寝転んだ相手へのコンタクトが反則に。

チャンスは潰えて、前半はNZリードの22-0で折り返した。

後半もNZペースは変わらなかった。同8分にゴール前でオフロードパスを受けたHOコディ・テイラーが後半初トライ。

DFのラインスピードを上げ、アイルランドからスペースと判断力を奪うNZは、さらに後半21分、SOモウンガのクロスキックからチャンスとなり、途中出場のFLマット・トッドがインゴールへ。ついにスコアは34-0になった。

約70分間無得点だったアイルランドだが、後半29分に念願の初トライ。ゴール目前の左スクラムから、CTBロビー・ヘンショーが防御内側の間隙をすり抜けた。34-7

NZは後半33分、FLアーディー・サヴェアの豪快なジャッカルからトライを生み出すが、アイルランドも同36分にゴール目前でFW攻撃。

ここでNZのFLトッドが反則でトライを防いだとしてシンビン(10分間の一時退出)となり、アイルランドにペナルティトライ(7点)が与えられる。41-14


残り3分で3トライ目を目指したアイルランドだが、SOセクストンに代わり投入されたジョーイ・カーベリーが不調。

判断ミスからピンチとなり、最後はFBバリットから、実弟で途中出場のジョーディー・バレットが右隅でダメ押しトライ。

祖父が亡くなったばかりで「今日は祖父のためにもいいプレーがしたかった」(FBバリット)と誓った舞台で、バリット兄弟の連係トライが最後に決まった。

完敗を喫したアイルランド。試合後には今大会での代表引退を宣言していたHOロリーベスト主将へ、両軍による花道が作られた。

代表123キャップの鉄人は「これからはサポーターとして緑のユニホームを着る」と試合後に赤い目で語った。

今大会でのHC退任を宣言していたアイルランドのシュミットHC。

欧州6か国対抗戦「シックス・ネーションズ」で優勝した2018年がチームのピークだったと囁かれていたが、指揮官もそれを認める旨の発言をした。

「シーズンを通じて調子が上がらず、残念だった。去年は素晴らしかったが、今回は調子の山を越えてしまった」

そしてアイルランドのHCを辞めることについては、「選手に感謝したい。サポーターの変わらぬ支援にも感謝したい。ロリー(・ベスト)と前任キャプテンのポール・オコンネルのリーダーシップは素晴らしかった。私の誇りだ」と語った。

圧倒的な強さで準決勝へ駒を進めたオールブラックス。

スティーブ・ハンセンHCは約70分間完封したディフェンスを勝因のひとつに挙げた。

「DFは大きい部分を占めています。ディフェンスはこのような試合の50%を占める。精神的な部分では90%を占めると思う。規律を守ること、相手を罰するようなタックルをしてエラーを誘うことです」

準決勝で対戦することになったイングランドについては「明日まで考えません」と発言を控えた。闘志を内に秘め、オールブラックスは次なるビッグゲームへふたたび歩き出す。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ