人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月12日

スコットランド、ベストメンバーを揃え日本戦に挑む。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビーワールドカップの予選プールも佳境を迎えている。10月11日(金)には、日本と対戦するスコットランドも先発予定メンバーを発表した。

スコットランドは勝ち点10で、勝ち点14の日本を上回るにはボーナスポイントを得ての勝利か、8点差以上の勝利が必要となっている。

◆プールA 順位表
1位 日本:勝ち点14(3勝敗)
2位 アイルランド:11(2勝1敗)
3位 スコットランド:10(2勝1敗)
4位 サモア:5(1勝2敗)
5位 ロシア:0(0勝4敗)

スコットランドは10月9日(水)にロシアに61-0で快勝したが、主力は温存したため、12名のメンバーを変更した。

LO(ロック)グラント・ギルクリスト、ジョニー・グレイ、世界的キックの名手SH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドロウ 、SO(スタンドオフ)フィン・ラッセル、FB(フルバック)スチュアート・ホッグらが先発する。

9月30日に34-0で快勝したサモア戦と13名が同じで、WTB(ウィング)ショーン・マイトランドが負傷したため、トミー・シーモアが先発。

HO(フッカー)にはフレイザー・ブラウンが先発したため、チームキャプテンのHOスチュアート・マキナリーが控えに入った。そのためゲームキャプテンはSHレイドローが務める。

スコットランドを率いるグレガー・タウンゼンドHC(ヘッドコーチ)は「選手たちはみんないい準備ができています。私たちが日本に8点以上の差をつけて直接、準々決勝への切符を手にすることができる、またとないチャンスだ」と意気込みを語った。

ゲームキャプテンを務めることになったSHレイドローは「たぶん、私がこのチームで一番経験のある選手です」。

「ビッグゲームなので、この重責を担えて非常に光栄です。テストマッチに勝つことのみにみんな集中していまし、モチベーションは高い。戦う準備はできています」と話した。

また、経験豊富なレイドローはボーナスポイントに関しては「そのことは頭の片隅にあります。いいディフェンスをしないといけません」。

「日本は素晴らしいアタックを持っていますが、私たちはこの数試合でのディフェンスで自信を持っています。そして攻撃のチャンスが回ってきたら得点取れると思います」と自信をのぞかせた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ