人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月16日

「日本の質の高さには目を見張るものがある」。日本と戦うアイルランド代表が公式会見。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

写真:アイルランド代表 シュミットHC(左)、ベスト主将

9月15日、世界ランキングで初めて1位になったアイルランド代表が千葉で公式会見を行った。来日する前に千葉を通過した台風の影響はないという。

アイルランド代表は予選プールAに入り、22日の開幕戦でスコットランド代表(同7位)、そして28日に日本代表(同10位)と対戦する。

ニュージーランド出身のジョー・シュミットHC(ヘッドコーチ)と、今大会で代表引退を決めている、キャプテンHO(フッカー)ローリー・ベストらが会見に出席した。

シュミットHCは予選プールでスコットランド代表、日本代表と連戦することに関して「スコットランド代表は常に難しい相手ですし、そこから6日で日本代表と戦うことはとてもタフです」。

「(同じニュージーランド出身の日本代表の)ジェイミー(・ジョセフ)とトニー・ブラウンのことはとてもよく知っていますし、素晴らしい仕事をしています」。

「パシフィックネーションズカップでは見事な強さでした。日本の質の高さには目を見張るものがあるので、今からそのことは念頭にあります」と話した。

また、日本の印象を聞かれて、「非常にニュージーランドのコーチ陣を警戒しています。(パシフィックネーションズカップは)非常に印象的でした。とてもフィジカルなゲームで速い」。

「松島(幸太朗)と福岡(堅樹)のスピードがあってワイドで、そして田村(優)はとても良くゲームをコントロールしていますし、ボールキャリーも印象的です。そして(アマナキ・)マフィとリーチ(マイケル)も素晴らしい」。

「私たちも最近、(イングランドの)トゥイッケナムで試合をしましたが、(昨秋、日本代表)イングランド戦の前半もタフな試合をしていました。確か前半リードしていて、リーチが非常によくチームを引き上げていました」。

「南アフリカ戦はスコアで見れば残念でしたが、7-27までは非常にモチベーションが高く、特に相手は前回のワールドカップで起きたことに対して非常にモチベーションが高く、スコア以上に競った戦いに見えました」と、よどみなく話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ