人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年8月19日

日本と同じプールAの強豪スコットランド、テストマッチでフランスに完敗。ラグビーワールドカップ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビーワールドカップ日本大会の開幕まで、あと1ヶ月あまり。世界各地では、出場国が本大会に備えてテストマッチを行なっている。

8月17日(土)は、日本代表とプール最終戦を争うスコットランド代表(世界ランキング7位)が、アウェイでフランス代表(8位)と激突した。

スコットランド代表はワールドカップ前に4試合のテストマッチを予定しており、この試合がその初戦となった。

キャプテンのSH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドロー、LO(ロック)ジョニー・グレイ、SO(スタンドオフ)フィン・ラッセルなどは出場せず。

HO(フッカー)スチュアート・マキナリーがゲームキャプテンを努めて、70キャップを超えるFL(フランカー)ジョン・バークレーとFB(フルバック)スチュアート・ホッグがバイスキャプテンを務めた。

FW(フォワード)は来年からスーパーラグビーのブルズでプレーする南アフリカ出身のジョシュ・ストラウス以外の先発は、すべてエジンバラ所属の選手で構成。

また控えにはノンキャップのLOスコット・カミングス、WTBローリー・ハッチソンが入り、ベンチから代表デビューをうかがった。

試合前、スコットランド代表のグレガー・タウンゼントHC(ヘッドコーチ)は「この2ヶ月間、キャンプでハードワークを重ねて強固なスコッドができたと思っています。

その成果をこのテストマッチ4試合で見ることができるのを楽しみにしています。システムやコンビネーションを確認することももちろんですが、ワールドカップに出場する31人にふさわしい選手が、誰なのかを見極める機会でもあります」と話した。

J SPORTS 番組情報

フランス代表は6月18日にすでにワールドカップスコッド31名を発表しているがケガ人が多い。

主将のHOギエム・ギラドはメンバー外で、カミーユ・シャが2番を背負い、ゲームキャプテンのPR(プロップ)ジェファーソン・ポワロ、ベテランのPRラバ・スリマニで第1列を形成する。

FL(フランカー)にはウェンススラ・ロレ、ヤクバ・カマラがケガのため、初キャップのフランソワ・クロ、久しぶりの代表復帰となるシャルル・オリヴォンのバックアップ組が先発でアピールすることになった。

ハーフ団は若きSHアントワーヌ・デュポンと経験値の高いSO(スタンドオフ)カミーユ・ロペスがコンビを組み、クレルモンで8トライを挙げたWTB(ウィング)アリヴェルティ・ラカが初キャップとなり21歳のダミアン・プノーと両翼を担った。

CTB(センター)ガエル・フィクー 、ウェスレー・フォファーナ、FBマクシム・メダールのベテランで固めたバランスのとれたBK(バックス)ラインとなった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ