人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年7月25日

釜石で日本代表と対戦するフィジーがメンバー発表。パシフィック・ネーションズカップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

写真:2015年、日本戦でのフィジー代表

パシフィック・ネーションズカップ(PNC)の開幕戦、7月27日(土)に岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで日本代表(世界ランキング11位)と対戦するフィジー代表(同9位)の出場予定メンバー23名が、25日に発表された。

試合前には戦いの舞である「シンビ」を披露するフィジー代表のメンバーは、7月13日に、62年ぶりに勝利を収めたマオリ・オールブラックス戦の先発メンバー12名が同じという強力な布陣となった。

ハーフ団はSH(スクラムハーフ)フランク・ロマニ、スーパーラグビーでもプレーしていたSO(スタンドオフ)ベン・ヴォラヴォラ、そして昨年度までクボタでプレーしていたWTB(ウィング)パトリック・オズボーンも入った。

FW(フォワード)では、リオデジャネイロ五輪の金メダリストであるLO(ロック)レオネ・ナカラワ、FL(フランカー)セミ・クナタニ、NO8(ナンバーエイト)ヴイリアメ・マタの3人も先発する。

フィジー代表のジョン・マッキーHC(ヘッドコーチ)は「ラグビーワールドカップへの道をさらに進め、私たちのゲームプランとシステムをより深く理解しているところ」。

「日本代表戦でこのような強いメンバーを挙げることができたことを嬉しく思います」と話した。

1番PR(プロップ)にはエロニ・マウイを抜擢し、HO(フッカー)のサム・マタヴェシと3番マナサ・サウロと共に第1列で先発する。

「マウイは選択に値する。何度かのテストマッチで、控えからプレーした有望株であり、今週の土曜日には先発でアピールする機会だ」(マッキーHC)。

日本代表戦でのポイントを聞かれて、「私たちはスヴァで、マオリ・オールブラックスに対してフィジカルな戦いをしました。日本に対してもこのような支配を繰り返すことが重要です」。

「彼らは非常に高いテンポと非常に速いゲームでプレーするので、私たちは日本に得点の機会を与えないために、ディフェンスシステムと非常に努力する必要があります」と意気込んだ。

来日する前に、すでに2試合、マオリ・オールブラックスと対戦し、準備万端のフィジー代表。開幕戦から日本代表に本気でぶつかってくることは必至だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ