人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年7月23日

練習生から昇格の三浦昌悟、唯一の東北出身として釜石でのフィジー戦、そしてW杯メンバー入りに挑む。ラグビー日本代表

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:練習生から昇格した三浦

三浦は「宮崎合宿のターゲットはPNCのメンバーに入ることだった。宮崎合宿を乗り越えた自信はあります。本当のフル代表は初めてなので、(選ばれて)率直にうれしい出気持ちでいっぱいです」。

「(宮崎)合宿では他の選手に劣ってはいけないと必死に取り組んだ結果が、ジェイミー(・ジョセフHC)が評価してくれた」と破顔した。

憧れの選手はチームメイトのPR稲垣啓太(パナソニック)だ。三浦の強みは、「スクラムと動き続けるワークレイト、そして身体の強さ」である。

近年、もともとの重さだけでなくスクラムを強化しているフィジー代表に対して三浦は「スクラムは日本の方が徹底的に8人で組む意識があるので、優位に立てると思っている」と自信をのぞかせた。

PNCのメンバー入りを果たしたということは、パフォーマンス次第でワールドカップの最終メンバーに残る可能性は大いにある。

三浦は「ワールドカップにチャンスがどんどん巡ってきている。あと一歩のところまできているので、このチャンスを逃さずにやっていきたい。身体を張り続けて、チームの信頼を得るしかない」と意気込んだ。

27日には東日本震災後、新しくワールドカップのために建設された釜石鵜住居復興スタジアムで、初めて日本代表戦が行われる。

「チームで唯一の東北出身なので、東北の人間が頑張っているだけでも、勇気を与えられると思います。そういう意味では、まず試合に出ていろんな人に頑張っている姿を見せたい」。

初の高いレベルでのテストマッチ、三浦は東北人のプライドを見せてワールドカップに出場することができるか。

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ