人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年7月17日

ラグビー日本代表、パシフィック・ネーションズカップのメンバー31名を発表

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

7月17日(水)、ラグビー日本代表はワールドカップ前哨戦として、7月27日から8月10日にかけてフィジー代表、トンガ代表、アメリカ代表と対戦するパシフィック・ネーションズカップ(PNC)に向けた31名を発表した。

今回の31名はあくまでのPNCのスコッドだが、当然、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は報道陣に対応し、まず、「すべてのポジション悩みました。なぜなら優秀な選手が揃っているからです」。

「フロントローはケガ人が出たので、新しい選手を試してみたいという気持ちがあります。あくまでも次のフィジー代表戦はファーストステップです」と説明した。

また、選手選考に関して問われると「若手とベテランが混ざった非常にバランスのとれたスコッドになったということです。今は非常にいいブレンドができていると思います。非常にバランスの取れたチームで、現状ベストのメンバーを選べた」と胸を張った。

写真:練習生から昇格したPR三浦

左PR中島イシレリ(神戸製鋼)、右PR具智元(Honda)の2人がケガしていたこともあり、左PR三浦昌悟、右PR木津悠輔(ともにトヨタ自動車)の2年目の若き2人がメンバー入りを果たした。

2人の選出に関してはジョセフHCは「(若いPR2人を選んだのは)単純に見てみたいからです。トレーニングでは、経験値も浅いし、非常に物静かですが、チャンスを与えないとワールドカップで通用するかわかりません」。

写真:急成長中のPR木津

「右PR山下裕史は経験豊かでワールドカップも出場したことがあり、成熟した選手でセットプレーも強いですが、不確定な2人を試してみて、ワールドカップでもやれるのか見てみたい」。

「今回こういった機会が巡ってきたので、持っているポテンシャルを発揮して、ものにして、コーチ陣たちにこのレベルでも通用することをしっかりと証明しないといけない。

ケガ人と組み合わせを考えると、リーチ(マイケル)とラピース(ピーター・ラブスカフニ)が100%でないと考えるとバックローを厚くしないといけない。現状を置かれている立場を判断して、今回の組み合わせになっています」と説明した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ