人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月4日

サンウルブズ、最後は12人対14人となる大荒れの試合で惜敗。スーパーラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

試合は前半から主導権を握って勢いに乗りたいサンウルブズが、4分、10分とSOパーカーの連続PG(ペナルティゴール)で6-0とリードする。

しかし、13分にレッズSOヘガティーにPGを返され、さらに直後の14分にはレッズNO8ヒギンボサムがインターセプトし自陣から独走、最後はSOヘガティーがトライ。ゴールは外れたが、6-8とレッズに逆転を許してしまう。

だが、20分、サンウルブズは敵陣でスクラムを起点にSH茂野からパスを受けたSOパーカーのグラバーキック、そのボールをインゴールでWTBファンデンヒーファーが押さえてトライ。

右隅からの難しい角度のゴールを名手SOパーカーがしっかり決めてサンウルブズが、13-8と逆転

しかし、24分にPR三上、36分にWTBマシレワがそれぞれ接点でのペナルティでイエローカードシンビン(10分間の一時的退出)となり、サンウルブズは数的不利な状況に陥ってしまう。

それでもゴール前の粘りのディフェンスを見せて、相手に得点を許すことなく、13-8と5点のリードをキープしたまま前半を折り返した。

後半もまだ1人少ない状態でスタートしたサンウルブズは、3分にレッズPRタニエラ・トゥポウにトライを決められ、13-15と再び逆転される。それでもサンウルブズは7分にSOパーカーのPGで16-15と再逆転。

だが、その直後の10分、シンビンから戻ったばかりのWTBマシレワが、今度はハイタックルでイエローカードをもらい、累積2枚でレッドカードとなり退場。サンウルブズは残り約30分間を14人で戦うことを余儀なくされてしまった。

徐々に相手に押し込まれてしまい、11分にWTBナイヴァルのトライを許し、さらに19分にはSOヘガティにPGを与えてしまい、16-25と点差は9点と広がってしまった。

なんとか追いつきたいサンウルブズは、21分にSOパーカーのPGで再び19-25と1トライ1ゴールで逆転可能なスコアとする。

さらに27分、自陣からのキックをしっかりとチームでプレッシャーをかけたことが功を奏して、WTBファンデンヒーファーが相手のパスをインターセプト。

そのまま敵陣まで走って中央にトライ。ゴールも決まり、サンウルブズが26-25と試合をまたひっくり返した。

このまま逃げ切りたいサンウルブズだったが、30分には途中出場したばかりのCTB田村優がラインオフサイドでシンビンとなり、13人とさらに2人少ない状況になる。

すると32分、ラインアウトからモールを押し込まれて、途中出場のHOブレンダン・パエンガ アモサにトライを決められ、レッズに26-32とまたも逆転されてしまった。

試合終了間際の36分、今度はサンウルブズNO8ウォーレンボスアヤコがイエローカード、レッズのLOハリー・ホッキングスが一発レッドカードとなり、相手は14人、サンウルブズは12人になってしまう。

それでもあきらめず、攻め続けたサンウルブズだったが、結局、得点することができず、そのまま26-32で敗れた。

勝利したレッズは5勝5敗とし総勝ち点を22に伸ばした。一方のサンウルブズは7点差以内の敗戦でボーナスポイント1を得て総勝ち点12としたが、4連敗となってしまい、2勝9敗となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ