人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月4日

サンウルブズ、最後は12人対14人となる大荒れの試合で惜敗。スーパーラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

スーパーラグビーは第12節を迎え、前節、ホームで大敗したヒトコミュニケーション・サンウルブズはオーストラリアに遠征し、5月3日(金)は同じオーストラリアカンファレンスのレッズと対戦した。

サンウルブズは先週、先々週はホーム・東京の秩父宮ラグビー場でハリケーンズ、ハイランダーズに連敗し、2勝9敗で総勝ち点11。

オーストラリアカンファレンス、全体ともに最下位と厳しい状況が続いている。アウェイで勝利し、少しでも勝ち点を上積みしたいところだ。

対するホームのレッズもシーズン序盤は連敗が続いていたが、先々週は南アフリカのシャークス相手にアウェイで21-14と勝利し、5勝5敗、総勝ち点18とカンファレンス4位につけていた。

両者は今年、3月16日の第5節に東京・秩父宮ラグビー場で対戦し、その時はレッズが34-31と接戦を制している。

今回は勝利したいサンウルブズは、PR(プロップ)に三上正貴山下裕史、そしてHO(フッカー)に前節から合流した堀江翔太と、ベテラン日本人選手でフロントローを固めた。

ラーボニ・ウォーレンボスアヤコがインサイドCTB(センター)から本来のポジションのNO8(ナンバーエイト)に戻り、FL(フランカー)にはかつてレッズでも活躍したツイ ヘンドリックが先発した。

SH(スクラムハーフ)は茂野海人、SO(スタンドオフ)がヘイデン・パーカーとハーフ団を組み、WTB(ウィング)は今年全ての試合に出場しているゲラード・ファンデンヒーファーと7トライでチームトライ王のセミシ・マシレワ

CTBはケガから復帰したフィル・バーリージェイソン・エメリーとコンビを組み、FB(フルバック)には今年安定したプレーを見せ続けている山中亮平が先発。

ゲームキャプテンは前節に引き続きLO(ロック)のトンプソン ルークが務めることになった。また、控えにはSO/CTB田村優らが入った。

対するレッズは、キャプテンを務めるCTBサム・ケレヴィを筆頭に、PRタニエラ・トゥポウ、LOアイザック・ロッダ、WTBセファナイア・ナイヴァルら「ワラビーズ」こと、オーストラリア代表が多く名を連ねた。

他にもトップリーグを経験しているHOアレックス・マフィ(NTTコミュニケーションズ)、NO8スコット・ヒギンボッサム(NEC)、SOブライス・ヘガティー(元豊田自動織機/リコー)、CTBクリス・フェアウアイ サウティア(元近鉄)といったトップリーグ経験のある選手が多くメンバー入りした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ