人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年4月28日

ラグビー関東大学春季リーグが開幕、王座奪還を目指す帝京が勝利。

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

4月28日(日)、2012年から始まった関東大学春季大会が開幕。

関東大学対抗戦と関東大学リーグ戦で、前年度の秋の順位によって6大学ずつA~Cの3つのグループに分かれて総当たり戦で行われる。

A:帝京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東海大学、大東文化大学、流通経済大学
B:明治大学、筑波大学、青山学院大学、法政大学、日本大学、拓殖大学
C:日本体育大学、成蹊大学、立教大学、専修大学、中央大学、関東学院大学

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    J SPORTS では「ラグビー関東大学春季大会」「ラグビー関西大学春季トーナメント」をJ SPORTS オンデマンドで配信します。

Aグループは春季大会で、過去6大会優勝の帝京大学は流通経済大学と対戦。WTB(ウィング)木村朋也(3年)の2トライを含む、8トライを挙げて、50-19で逆転勝利。

帝京大は1年生のFL(フランカー)山添圭祐、WTB二村莞司、SO(スタンドオフ)高本幹也らがデビューを飾った。先制トライを挙げた流通経済大は、前半は17-12と接戦するなど、攻守に身体を張ったプレーが光った。

花園で大阪桐蔭を優勝に導いた帝京SO高本が公式戦デビュー

◆帝京大学 試合後コメント

・WTB木村「下級生を引っ張っていかないといけないし、考えてプレーできるようになってきた。去年と比べてまだ弱いですが伸びしろはたくさんあります」

・SO高本「(3分間のプレーだったので)もう少しプレーしたかった。大学ではSOでプレーします」

・FL山添「(高校とは違い)大学は40分ハーフなので疲れた。もっと大学で戦えるコンタクトをつけて1軍でプレーしたい」

・WTB二村「初めての試合だったのでとても緊張しました。もっと(木村)朋也選手とかすごい選手から学んで成長していきたい」

J SPORTS オンデマンド番組

Aグループのもう1試合は、東海大学と大東文化大学のリーグ戦の強豪同士が激突。東日本学生セブンズでも活躍したNO8(ナンバーエイト)吉田大亮のトライなどで、東海大が33-29で接戦を制した。

Bグループでは昨年度の大学選手権王者の明治大学が、90-12で拓殖大学を、筑波大学が法政大学を47-36で下した。Cグループは関東学院大学が日本体育大学を38-34、中央大学が専修大学を26-21、立教大学が成蹊大学に40-14で勝利し、開幕戦を飾った。

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧