人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年3月25日

サンウルブズ、リーグ除外発表後の一戦。スーパーラグビー2019「サンウルブズ×ライオンズ」レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

1本目はまたも反則から自陣へ下がり、モールこそ防いだものの、相手SHニック・グルームが間隙を突いてグラウンディング。

2本目もレイトタックルの反則から自陣へ後退。ここもモールはこらえたが、ショートサイドへ移動したSOエルトン・ヤンチースが押し込んで、リードは12点差(10-22)に。

3本目は攻守交代直後のカウンターから、CTBライオネル・マプーがスコアラーとなった。10-29

サンウルブズの反撃は後半23分、FW第1列が全員替わったこの日16本目のスクラムから。

敵陣ゴール前のマイボールスクラムという好機から、途中出場のアマナキ・レレイ・マフィが流石の突進でインゴール目前へ。

続けてNTTコムでチームメイトだったNO8ラーボニ・ウォーレンボスアヤコが突っ込み、後半最初のトライ。SOパーカーが難なく決めて29-17とした。

しかし試合巧者のライオンズは、後半29分にPG加点で32-17と突き放すと、同35分にはショートパントを捕球した途中出場のハチヴァ・ダイマニがトライ。

終了間際にNO8ウォーレンボスアヤコがこの日自身2トライ目を奪ったが、間に合わなかった。

最終スコアは24-37。

今季4勝目を挙げたライオンズは、南アフリカ・カンファレンス1位に浮上した。一方、今季5敗目を喫したサンウルブズは、オーストラリア・カファンレンスの最下位となった。

サンウルブズのブラウンHCは敗戦を振り返り、「スタートはよかったですが、ブレイクダウンでやられてしまいました」とコメント。

成功率71.4%(7本中5本成功)だったラインアウトについては、LOハッティングが「良いテンポ、ムーブはあったが、新しい選手が入ってきて(ムーブ等を)覚えなければならず、ミスが多かった」と語り、ラインアウトの連係不足を示唆した。

今季2勝目をファンに届けたいサンウルブズは、シンガポールから次戦の舞台、オーストラリアへ飛ぶ。

次戦の相手はワラターズ(オーストラリア)だ。

第6節で今季無敗だった2連覇王者・クルセイダーズを20-12で破る金星を挙げた強敵が、狼軍団の前に立ちはだかる。

「来週はワラターズと戦います。我々は残りのシーズンもしっかりと自分たちの考えているプランを実行して、そしてまた次の試合に集中していく事を繰り返していくだけです。私はこのチームが試合に勝てる、強いチームである事を信じています」(ブラウンHC)

少ない準備期間、長距離移動、流動的なメンバー…。

2016年のリーグ加入から4シーズン目、他チームより過酷な条件下ながら、通算7勝をもぎ取ってきたサンウルブズ。2019年も荒波の中を進んでいる。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ