人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月26日

初出場の桐生第一、元日本代表の青年監督が狙う「ディープインパクト」。全国高校ラグビー大会のみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

12月27日(木)から1月7日(月)にかけて、大阪・東大阪市花園ラグビー場で「花園」こと、第98回高校ラグビーフットボール大会が行われる。

予選を勝ち抜いた51校が出場するが、そのうち、うれしい初出場は2校。12月22日にトップリーグ再昇格を決めた、三菱重工相模原のコーチ陣が指導する聖光学院(福島)、そして今回紹介する桐生第一(群馬)だ。

霜村誠一監督

桐生第一を4年前から指導するのが、関東学院大学、パナソニック ワイルドナイツでも活躍した元日本代表の霜村誠一監督(37歳)だ。

霜村監督は桐生ラグビースクールで4歳からラグビーを始め、東京農大二高時代は花園に出場し、ベスト8に進出。

関東学院大学では3度の大学日本一に輝き、パナソニックでも主将を務めて、トップリーグや日本選手権など数々の優勝に貢献したCTB(センター)で、日本代表キャップ6を誇る。

そんな名CTBだった霜村選手が、どうして大学やトップリーグという舞台ではなく、高校、しかも「実家から5分」という地元の桐生第一で高校の保健体育の先生として教鞭に立ったのか。

そして、ラグビー部の監督となり、就任4年目で花園に初出場することができたのか。高校の監督になった経緯や今大会への意気込みを聞いた。

―― どうして大学やトップリーグではなく桐生第一の監督になったのでしょうか?

2004年に三洋電機(現パナソニック)に入ったときから将来は教員志望という話をしていて、先生になろうと思い、大東文化大学に教員免許を取りにいっていました。

高校時代の東京農大二高の伊藤薫監督(日本体育大学出身)がすごく格好良くて、「自分もこうなりたい!」という思いがありました。

伊藤監督は練習とかめちゃくちゃ厳しかったですが、選手をやる気にさせるのが上手くて、みんなに慕われていました。やっぱり、伊藤監督の影響が大きかった。

―― 地元ということで桐生第一の先生になったのでしょうか?

元々は教員になることしか考えていなかったので、公立の教員採用試験も受けようと思っていました。

ずっと僕のことを応援してくれていて、小さい頃からお世話になっていた桐生ラグビースクールのコーチの方々が「桐生に残らないとダメだ」「おまえは桐生だ」と言って、桐生第一に話をしてくました。

スポーツも力を入れている学校でしたし、関崎悦子理事長もすごく理解がある方で「ぜひ」と言っていただいて、そういった縁で桐生第一の先生になりました。僕も桐生が好きなのでうれしかったです。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ