人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月28日

11月のテストマッチに向け、和歌山でラグビー日本代表候補合宿

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

9月24日~27日、トップリーグの合間を縫って、11月のオールブラックスやイングランド代表とのテストマッチ、来年に迫っているラグビーワールドカップに向けたラグビー日本代表候補にあたる「NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)/RWCTS(ラグビーワールドカップトレーニングスコッド)」のキャンプが、和歌山・上富田スポーツセンターで行われた。

頭の整理とフィットネス強化に重点

当初は47名の参加予定だったが、トップリーグの試合などで負傷した5名が参加せず、42名での合宿となった。

上富田スポーツセンターは男女の7人制日本代表やU20日本代表、女子日本代表も使用したことのあるスポーツ施設で、日本代表は初めての使用となった。

ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は昨年視察した上で、キャンプ地として決めたという。「地元のラグビー関係者にも会いましたが、非常に温かい人たちで迎えてくれました。本当に素晴らしい場所だと思います」。

選手に話しかけるジョセフHC

合宿初日はトップリーグの試合のリカバリーを兼ねて、ウェイトトレーニングのみだった。2日目、3日目にはフィットネスやウェイトトレーニングの測定も行われたが、今回の合宿は座学である「ワークショップ」が中心だった。

グラウンド練習は、ともに1時間のフィットネストレーニングのみという徹底ぶりで、今週末や来週末にトップリーグの試合が控えていることもあり、一切ボールを使う練習は行われなかった。

ジョセフHCはフィットネス、フィジカルトレーニングといったメニューをやりながらも、今回のキャンプの意図を「6月のイタリアとジョージアとのテストマッチが終わり、みんな会っていなかったので再集合、再集結してつながりあうこと。あとはワールドカップで勝つために、どういう準備をするかをやっていきたい」と説明した。

サントリーのルーキーPR/HO堀越

初めて日本代表候補合宿に参加した選手や、ジョセフHCが就任して初めての日本代表候補合宿となった選手もおり、指揮官と1対1の面談があった選手もいたようだ。2日目と3日目の昼間は、「ワークショップ」としてミーティングや時には7~8つのチームで分かれてディスカッションが行われた。

つまり、日本代表における戦略、戦術の確認しつつ、6月とは違い、どの試合でも一貫性を持ったプレーができるように、11月、そして来年に向けてのマインドセット(心構え)の醸造に重点が置かれたキャンプとなったというわけだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧