人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年6月15日

因縁の対決は第2ラウンドへ。ニュージーランド代表×フランス代表

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

立ちはだかったのはフランス。優勝を求められていたオールブラックスだが、18-20でまさかの逆転負けを喫し、チーム史上初の“W杯ベスト8止まり”という屈辱を味わった。

2011年大会ではW杯王者となったものの、フランス相手の決勝のスコアはわずかに1点差(8-7)。

フランスは1999年大会でも準決勝でオールブラックスを破っており、両者の因縁はけっして浅くない。

そんなフランス相手に第1戦で大勝したNZ代表のスティーブ・ハンセンHC(ヘッドコーチ)は、第2戦のメンバーを1人も変えなかった。

キャプテンを務めるLOサム・ホワイトロック。第1戦も揃って先発したバリット3兄弟(LOスコット、SOボーデン、FBジョーディ)。

リザーブには、黒衣デビュー直後のスクラムでのペナルティ獲得に貢献したPRカール・トゥイヌクアフェ。

そして第1戦でインパクトプレイヤーとして活躍したダミアン・マッケンジー、ンガニ・ラウマペらが今回も控える。

対するフランスのジャック・ブリュネルHCは、第1戦から先発メンバーを5人変更した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ