人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年6月8日

勝利を渇望する強国同士が激突。南アフリカ代表×イングランド代表

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

代表主力でスーパーラグビー参加のマルコム・マークス、ワーレン・ホワイトリー、エベン・エツベス、ルード・デヤハーは怪我などによりメンバー外。海外組のビスマルク・デュプレッシー、フランソワ・ステインも不参加だ。

対するイングランド代表では、脳しんとうの影響で休養中のキャプテン、HOディラン・ハートリーに代わって、CTBオーウェン・ファレルがキャプテンを務める。

司令塔のイメージもあるファレルに代わって10番をつけるのは、2009年に16歳237日でプロデビューしたジョージ・フォードだ。

イングランドの中心選手であるヴニポラ兄弟は、PRマコが代表50キャップ目を飾り、突進力溢れるNO8ビリーが怪我から復帰となる。

そして注目は、リザーブ入りしたNZ生まれのブラッド・シールズだ。

長年ニュージーランド代表“オールブラックス”入りが噂されていたが、ついに出身地での初キャップはならず。両親の母国であるイングランドの代表ジャージーを着て、出場すれば初キャップを飾る。

まさに見どころ満載の南アフリカ代表×イングランド代表。

勝利に飢えた大国同士が激突する一戦は、6月9日(土)午後11時30分からJ SPORTS 3で生放送、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ