人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年3月26日

若返ったバックスの決定力光る。クルセイダーズがブルズ下して連敗脱出。スーパーラグビー2018第6節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
クルセイダーズ vs. ブルズ

「スーパーラグビー2018」は第6節。3月23日(金)は、クライストチャーチのAMIスタジアムで、2勝2敗の昨季王者クルセイダーズ(ニュージーランド=NZ)が、1勝3敗のブルズ(南アフリカ)を迎え撃った。

ブルズは泥沼の3連敗中。しかし元NZ代表指揮官でもあるジョン・ミッチェル新ヘッドコーチ(HC)のもと、多彩なムーブも披露しており、前節はチーフス(NZ)相手に前半まで14点リード(28-14)。底力を感じさせた。

連敗脱出を試みるクルセイダーズ戦には、昨季トップリーグ12試合に出場したトヨタ自動車のジェイソン・ジェンキンス、南アフリカ代表36キャップのルード・デヤハーが両ロックに並んだ。

またリオデジャネイロ五輪の銅メダリストであるNO8ティム・アガバ、バックス陣では南アフリカ代表のSOハンドレ・ポラード、CTBジェシー・クリエル、そして昨秋代表デビューのFBウォリック・ヘラントが名を連ねた。

昨季はレギュラーシーズンを14勝1敗で駆け抜けたクルセイダーズだが、今季は開幕2連勝からの2連敗という波乱の幕開け。

NO8キアラン・リードら主力の出遅れに加え、SOリッチー・モウンガの負傷離脱などが理由として挙げられるが、迎えたブルズ戦には、LOサム・ホワイトロック主将、CTBライアン・クロッティが脳震とうから2週間ぶりに復帰。

クルセイダーズはフォワードに9人のオールブラックス経験者を揃えるが、この日はHOコーディー・テイラー、LOスコット・バリット、LOホワイトロック主将の3人のみ。

しかしPRマイケル・アラアラトア、FLビリー・ハーモン、NO8ジョーダン・タウファら、ノンキャップの実力者が穴を埋めている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ