人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2022年4月20日

2022年WRC第3戦クロアチアラリー プレビュー “車両の完成度がわかるターマックラリーの初戦“

Mr.フクイのものしり長者 de WRC ! by 福井 敏雄
  • Line

春爛漫の景色の中を駆け抜けるマシンを見るのが一興なクロアチアラリー。

ここ数年間のコロナ禍でFIAがカレンダーの決定に苦慮する中、昨年よりWRC開催権を獲得したクロアチアも2年目を迎えます。今シーズンよりトップクラスの車両規定が大幅に変更されハイブリッド化されたのは皆様ご存知のとおりですが、最初の2戦(モンテカルロとスウェーデン)は特殊路面のため車両の完成度とドライブ・テクニックが交錯し、初期の問題点が判りづらい面があります。2戦までに起きた問題点を集約してターマックという目いっぱい走れる環境で車両の完成度をチェック出来ます。

J SPORTS 放送情報

1947年に創設されたこのラリーはINA Delta TLX Rallyと呼ばれていましたが国内選手権から1986年にヨーロッパ選手権に格上げされ、2007年にはヨーロッパ選手権の難易度の高いグループに昇格しています。そして昨年WRC格を獲得。第1回の優勝者はトヨタのセバスチャン・オジェでした。

このラリー、路面はターマック、概して高速タイプですがところによっては道幅が狭く冬季の痛みからくる不整面による小ジャンプがあり正確なペースノートが必要です。
金曜日・土曜日は4本のSS2回走行、日曜日は2SSの2回走行最後のSS20がパワーステージとなります。中間サービスは金曜日・土曜日は4ステージごと、最終日には設定なしです。

不整面による小ジャンプの箇所はドライバーを苦しめそうだ。

2戦終了後の成績は、例年に比べかなり荒れ気味で各チームのエースが苦しんでいます。特にヒョンデのタナク(5ポイント)、トヨタのエヴァンス(4)、フォードのブリーン(15)など。一方で若手のロバンペラ〈46〉がポイントリーダーです。ハイブリッドカーになってから昨年まで下位に低迷していたフォード勢の中位かさ上げが見られます。3メーカー三つ巴を期待しましょう。メーカーポイントではトヨタ(83ポイント)、フォード(59ポイント)、ヒョンデ(47ポイント)です。フォードはオプション出場のローブによるモンテカルロ優勝が効いています。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ