人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年11月17日

【スーパースポーツ世界選手権 最終戦 マンダリカ:プレビュー】エガーターの王座決定!来季に向けた豊富な要素

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

バレンティーノ・ロッシがチームオーナーを務めるヤマハのMoto2チーム「ヤマハVR46 マスターキャンプ」のライダーにマニュエル・ゴンザレス(ヤマハ)が起用されることになったのです。同チームはMoto2で未来のMotoGPライダーを育成するプロジェクトであり、言い方を変えれば、MotoGPで活躍できそうな良いライダーを囲っておく、という最近の各メーカーのトレンドに則したチームですね。ゴンザレスはヤマハから相当大きな期待をかけられていると言っていいでしょう。

プロダクションバイク(市販車)のレースは、レーサーマシン(レース専用バイク)のグランプリ(ロードレース世界選手権)を経験してから参戦するパターンが多く、

なんと前回のポルトガル、アルガルヴェではなんと両レースともに優勝を逃してしまいました。しかも、ランキング2位のスティーブン・オデンダール(ヤマハ)がレース2で10レースぶりに優勝したことにより、その差は少し縮まったのです。

エガーターにとってポルトガル、アルガルヴェは初レースのコースでしたが、ここからアルゼンチン、インドネシアとまたも初レースのコースが続くことになります。ただ、スティーブン・オデンダール(ヤマハ)にとっても初レースという意味では条件は同じ。2人のガチンコ勝負ということになりそうですね。

残り2戦になって首位のドミニク・エガーター(ヤマハ)=354点、ランキング2位のスティーブン・オデンダール(ヤマハ)=300点と2人の間には54点の差があります。アルゼンチンの2レースを終えてその差が50点以上あれば、エガーターがチャンピオンを決めることができます。今回は両レースともにエガーターはオデンダールより前でゴールすれば、最終戦インドネシアを待たずしてチャンピオン決定となるでしょう。

ドミニク・エガーターはもし王座を獲得すれば、キャリア初のワールドチャンピオン獲得ということになります。しかし、バルセロナ戦を欠場してまで参戦したMotoEではチャンピオン獲得ならず。MotoEはワールドカップタイトルという括りですが、2年連続でそのタイトルを逃しているだけに、ちょっとプレッシャーに弱いエガーターのメンタルが心配です。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ