人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年9月10日

初優勝で一気にランキング首位浮上の三宅淳詞&堤優威、王座争いの中心的存在となるか。

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

第3戦で初優勝を果たしたNo.244 たかのこの湯 GR Supra GT。

2021年のSUPER GTは、GT500のみならず、GT300クラスも激しいトップ争いが繰り広げられており、前半の4レースを終了した時点でランキングの上位4台が10ポイント以内にひしめいている。今週末の第5戦SUGOから始まる後半戦は、チャンピオンをかけたバトルがさらに激化していきそうだ。

ここまでは前年王者のNo.56 リアライズ日産自動車大学校GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が安定してポイントを重ねランキング首位を守っていたが、予定より3ヶ月延期されて開催となった第3戦鈴鹿では、注目の若手2人がスーパーGTで初の勝利を手にした。No.244 たかのこの湯 GR Supra GTを駆る三宅淳詞/堤優威だ。

今シーズンの開幕戦から安定して上位に食い込む走りをみせていたが、第3戦の鈴鹿では 予選3番手から終始トップ争いに絡む走りを披露。最後までライバルが食らいついてくる状況だったが、きっちりとトップを守りきり、GT300初優勝を飾った。

J SPORTS 放送情報

パルクフェルメで公式映像のインタビューを受けた2人は、喜びを爆発させるというよりは、安堵の表情をしているのが印象的だった。それだけ、ここに来るまでは苦労が多かった。

三重県出身の三宅は、レーシングカートでの活躍を経て2018年に鈴鹿サーキットレーシングスクールを受講。そこでスカラシップを獲得し、翌年にはFIA-F4に参戦するが、佐藤蓮とのチャンピオン争いに敗れ、ランキングは2位となった。勝利した佐藤はフランスF4へ進出したのだが、その一方で三宅はホンダの若手育成プログラムから外れることに。2020年はフォーミュラカテゴリーのシートを失うことになったが、SUPER GTでMax Racingのシートを獲得。1年目から時より光る走りをみせ、この鈴鹿ラウンドでは“自身ベスト”と言えるスティントをこなした。

GT300クラスのスープラ勢で唯一未勝利だっただけにチームにとって優勝は悲願だった。

「僕は去年からSUPER GTに参戦させていただいていますが、これまでの中では一番満足のいくスティントにできたように思います。予選でミスがあって、最前列からスタートするチャンスを失いました。それを挽回するために、前日のうちからレースをいかに戦うかを考えていました。それが実際にできて、トップで前半スティントを終えることができました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ